寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相についての基礎知識記事一覧

寝相が悪いと壊死を引き起こす危険性があります。これは、よく手などに起こる現象です。手は自分の体重で下敷きになる場合が多いです。これを長時間していると、血液がその先に流れなくなり手先などの細胞が腐り、壊死してしまうのです。そしてこれが起こりやすいのが、寝ている間です。寝相が悪い人などはこのような場合になる可能性があります。人間は寝ている間はある程度の衝撃や光などには反応をしません。する場合は、レム睡...

幼い頃は、ほとんどの人が寝相が悪かったと思います。でも、だんだん成長するにつれて、寝相の悪さというは改善されていくのが普通です。中高年になってまで、乳幼児なみに寝ている間に激しく動くという人は滅多にいないと思います。普通の人は、眠っている間に20〜30回位寝返りをうつと言われています。なぜ、そのようなことをするのかと言いますと、起きて活動している間に生じてしまった筋肉の緊張をゆるめて、骨盤などのバ...

寝相の良し悪しは年齢によって変わってきます。しかし、子供の寝相が悪いのはそれは仕方のないことだと言われています。成長期に向かう子供は身体も脳も成長する段階にきていますので、夜でも活動が活発なのです。ですから特に気にする必要はないそうです。しかし、一方で成人になっている人で寝相が悪いのは、ストレスや体調不良など良質な睡眠が取れていない場合にそのような事態になるので、成人の人が寝返りが多かったり、寝つ...

「朝起きると布団から体がはみ出ていている」「まくらが頭とぜんぜん違う位置にあっる」「布団が上下さかさまになっている」「体がくのじになっている」「大の字になっている」「掛け布団のカバーから布団が出ている」などと、どこをどのようにしたらそうなるのかというくらい寝相が悪いという悩みをもっている人がいます。しかし寝相が悪いという事は、体の歪みを正常に整えてくれるという効果があるのです。長い時間同じ姿勢でい...

人は誰でも寝ている時に多少の動きがあるもので、健康な人でも病気やけがをしている人でも寝相は身体の血流の流れをよくするなどの理由から無意識に取られている時が多いものです。しっかりと正しい動き方をする事で睡眠の時間をしっかりと取ることができ、確実に多くの有意義な時間を過ごせるようになります。寝相等はなかなか分からないものですが、時には呼吸を圧迫するような姿勢になっている事もあり、首の寝違えなどを引き起...

寝相は千差万別です。1人1人違ってくる言っても過言ではありません。その理由は、寝るまでの間に人間は多くの経験をします。そして外部から程度の差はあれストレスを感じます、それが睡眠時に大きな影響を及ぼしているのです。生き方、考え方、暮らし方がみな違うので、寝相もそれに合わせて変わってくるのです。人間には交感神経と副交感神経が存在しており、ストレスなどを溜めると、交感神経が活発化されます。しかし、この神...

深い眠りと浅い眠りでは睡眠の質が異なります。深い眠りはノンレム睡眠と呼ばれ、脳や体を休めている状態になります。ストレスを消去しホルモンの分泌を促すのがこの睡眠であり、よく寝たと感じるのはノンレム睡眠の質が良い時です。反対に浅い眠りはレム睡眠と呼ばれ、体は深く眠りについているが脳は起きている状態になります。眠りが浅いのでトイレに起きたり、物音で目が覚める時はこの睡眠の時になります。また歯ぎしりや寝返...

自分の寝相が悪く悩んでおられる方がいるかもしれません。少々寝相が悪いくらいであれば、笑い話になっていいかもしれませんが、深刻な場合もあります。寝相が悪いことで熟睡できなかったり、疲れやすくなったりすることもあります。では、どのように寝相の悪いを直せばいいのでしょうか。検討していきたいと思います。確かに、寝ている最中で意識のないことなので、治すのは困難かもしれません。いくら行儀よく寝ようと思っても寝...