寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

子供の寝相記事一覧

子供の寝相が悪いといって、お困りの親御さんもいると思います。寝ている間に体勢がかわってしまって、朝起きたらお子さんが上下さかさまになって眠っていたなどという程度ならまだいいのですが、たとえば布団を横にして子供と寝た場合に、お子さんの寝相が悪すぎて、親御さんが寝ている布団の方まで、体をごろごろ移動させて、子供が動き回るために、そのたびに体の一部などが親御さんの体に接触して親御さんがそのつど夜中に目が...

子供の寝相に悩むママは案外多いです。布団を掛けても掛けても跳ね飛ばしてしまう、ベッドから落ちるのではないか心配・・などの声をよく耳にします。大人にも言える事ですが、布団を掛けないで寝れば風邪を引きやすくなりますし、ベッドから落ちれば怪我をする事もあります。なるべくそのような事態は避けたいですよね。実は世の中には、寝相に対する対策グッズというアイテムが存在するのです。布団がずれないようにするクリップ...

大人でも一晩のうちに10回から20回は寝返りをうつと言われ、寝相が悪い事を気にする人もいます。特に子どもは寝返りの回数が多く、180度回転していたり、布団からはみ出したりと、寝相が悪い事が多いのですが、これは心配要りません。寝相が悪いと言うのは、眠りの深さとも関係があります。寝相の悪さは脳が熟睡している証拠でもあります。脳が熟睡していれば、体を動かす脳の運動野や小脳の働きも低下し、姿勢を制御できな...

子供の体は、大人に比べると新陳代謝が活発におこなわれます。そのため体温が高めで、汗もかきやすいです。赤ちゃんのうちからたっぷりと汗をかきますが、1歳児になると筋肉が発達して体をよく動かすようになり、そのぶん発汗量も増えます。そしてそれにつれて、寝相もどんどん悪くなっていきます。筋肉の発達と、発汗によるむずがゆさから、寝ている最中でもさかんに体を動かすようになるのです。その際、布団を押しのけたり蹴飛...

寝相の良い悪いでいうと大人になってもずいぶんと個人差がありますよね。そして子供の寝相ということでいうと、子供のころの寝相が大人になったときに、そのまま続くわけではないことが多いです。もちろん個人差はありますが・・幼稚園くらいの子供は時にとても激しく寝相が悪くなることがあります。場合によっては、一度起き上がって、またバタンと逆の方向に向かってたおれるようにしたり・・体を完全に起こして、泣きながら横に...

よく子供は寝相が悪い、激しい等聞くことがあります。大人でも寝相が悪い人はいますが、子供の場合、動きが特に大きく、一度起き上がって反対側にバタンと倒れこむようにしたり・・横でねている人に殴りかかってきたり、泣きながら蹴ってきたりなどということもあるようです。こうした様子をみると、子供がなんらかの欲求不満に陥っていて、それが夜ねている間にでているのではないか心配される親御さんも多いようです。もちろん寝...

子供の寝相は、悪いものです。なぜ子供の寝相が悪いのかを説明します。幼い子供はの寝相は、布団からはみれていたり、反対に寝ていたりする現象がほとんどです。寝ている間は、子供は動いております。なぜ動くのかといいますと、体温と気温の関係があります。布団をかぶって最初のうちは寝ていても時間が経つと暑いと言うことで、布団を蹴り冷たい位置を探して動いているのです。大人の方もそのような寝相の方がいます。でも子供に...

4歳児は、まだまだジットして寝ることは少ないように思います。コロコロと動きまわって中には布団から、はみ出して寝ている子供も多いのではと思います。6歳位になると落ち着いて寝るようになるようです。良く耳にするのは冬場は布団からはみ出して寝てしまうのでベストタイプの物や厚着をさせて寝かせる親が多い様です。親も何度も目が覚めて布団に入れてあげても直ぐに布団を蹴ったりコロコロと転がってしまうので毛布タイプに...