寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

管理人コラム記事一覧

赤ちゃんの寝相を生かした寝相アート、写真におさめて年賀状に加工しておくろうと考えている方も多いと思います。そこで今の時期におすすめの寝相アートをご紹介します。秋のイベントと言えばハロウィンです。そこでハロウィンにぴったりの魔法使いのアートの作り方をご紹介します。まず、赤ちゃんが寝る前に黒っぽいロンパースを着せます。黒が映えるように背景はブルーにするのをおすすめします。黒いタオルで帽子の形を作り、そ...

朝起きたら、なんか見慣れない景色になっていると思ったら、なぜか体が逆さまになっていたというくらい寝相が悪いという人がいるといいます。そのほかにもベットから体を投げ出して寝ていたり、人の体の上にかぶさるようになっていたり、寝相の悪さをどうにかしたいと考えるという人がいます。睡眠は、脳を積極的に休息させようとしています。とうぜん熟睡しているときは脳のコントロール力が低下して、姿勢を保つということが出来...

人によって寝る時の姿勢は違いますが、寝相が歯並びに影響すると分かればほとんどの人は姿勢を気にすると思います。うつ伏せ寝や横向きの姿勢で寝ると、顔の骨格に圧力がかかってしまうため、一定の方向に骨が固まってしまう原因となってしまいます。歯並びの乱れは食生活と寝相、噛み方などの悪い癖が影響していますので、自覚がある人は寝る時の姿勢から見直していくことが必要だと言えます。うつ伏せ寝や横向きの姿勢が歯並びに...

寝返りは誰でも一晩に20回ほどは打っているようです。寝返りは同じ場所の血行が悪くならないためには必要な行為だと言われています。またマットレスの固さが合わず、より良い位置を探し求めて寝返りを打つ場合もあるようです。一方、寝返りという程度ではなく、寝相が悪いという人が存在します。寝返りは右に打つと次は左に打ち、ベッドから落ちないようにうまく調整しているのですが、寝相の悪い人というのは、朝起きれば頭の位...

皆さんは抱き枕というのをご存知ですか。昔、戦争があったころの産物で、戦地に行かれた兵隊さんが奥さんと離れ離れになり寂しいのでその気分を晴らすために作られたと言われています。長さも抱きやすいように1メートル近くもあり細長くできています。胸の下部で抱くと足も絡められるようになっています。初めてこの枕を見たときは、なんと細長い枕なんだろうと訳が分かりませんでしたが、歳をとるにつれ解かるようになったのです...