寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相についての参考知識記事一覧

寝相の向きというのは色々とあります。メジャーなのが仰向け型というのになります。誰しもがやっている寝相と言っても良い形でもあります。一見良さそうな寝方でもありますが、腰にあたりが浮き気味なってしまうという欠点もありますし、仰向け状態を維持して寝られる方というのは少ないです。これはしょうがない事でもあるのですが、寝る時は仰向けだとしても、寝ている内に横を向いたりしてしまいますので、知らぬうちに片方に力...

世の中、寝相の悪さで悩む人がたくさんいると言われています。ベットから下半身だけが飛び出ていたり、いっしょに寝ている人の上に脚がかぶさっていたり、自分のからだが上下逆になっていたり、布団が投げ出されていたり、シーツが完全にまくれ上がって取れていたりと、時にはあまりの悪さで、人様に迷惑をかけているということもあったり、寝相の悪い人の悩みとは尽きないものです。寝相を治したいと考える人に良いと言われている...

寝ている間にベッドから落ちて骨折した、という話を身近に聞いたことがある人がいるはずです。これは、寝ている間に寝返りをうつことでいつの間にかベッドの枠をはみ出してしあって落ちてしまい、人によってはケガをしてしまう事があるのです。この寝返りや寝相に関係するのは睡眠状態に関係があります。特に深い眠りで体は休息しているが脳が活発に機能しているレム睡眠状態では、はっきりとした夢をみるために、寝言を言ったり寝...

寝相と一口に言っても、そのスタイルは実に様々です。神経質な人はうつぶせで寝ることが多いなどとよく言われますが、大の字になって寝る人がいるかと思えば、赤ちゃんのように小さく体を丸め込んで寝る癖のある人もいます。多分、それぞれの人が自分にとって一番寝やすい姿勢を無意識のうちにとっているのだろうと思います。でも、その人の身体的特徴などを考えると、あまりおすすめすることができない寝相があるのも事実です。た...

寝相が悪くなると手首が痛くなります。これは、手首を変な方向へずっと曲げているのを、寝ているので気付かないからこそ起きる現象です。これは、誰にでも起きることですので気にする必要はありません。しかし、どうしても気になるのであれば、寝相の改善を試みるのが良い方法です。それには、睡眠のメカニズムを知る必要があります。睡眠には深い眠りと浅い眠りが交互に訪れます。そして、寝返りや夢を見ることなどは浅い眠りであ...

皆さんの中で、寝相が悪くて悩んでいる人はいますか。そもそも適度な寝返りは、体のためには不可欠なものです。なぜなら、寝返りをうつことで、体が床ずれするのを防いでくれるからです。逆に寝相がよくてずっと同じ体勢を保っていると、血行不良になってしまいます。結果、同じ寝方が続くと、血の流れが悪くなり床ずれを起こしてしまいます。または、手や脚に十分な血が届かずに、朝起きたときに麻痺する恐れもあります。ですから...

人間は、寝ていても起きていても生命活動は維持しています。脳は常に動いていますし、心臓やその他内臓もしっかりと活動しています。むしろ寝ている場合のほうが活発に動いている場合もあります。日中に問題なく活動できるように、人間は寝ている間に色々と修復してくれたり、疲れを感じさせなくなったりと言った大きな効果が睡眠にはあります。しかし、この睡眠をしっかりと満足のいくだけ取れているという人はいったいどれだけい...

寝相が悪い人と良い人がいます。ある人は寝ているときにとても動きまわってふとんがはがれてしまいますし、一方で寝相が良い人はまったく動かないのです。この違いはどこからくるのでしょうか。多くの人にとって寝相は良いほうが好ましいでしょう。また、二人以上で寝る場合に関しては一人が寝相が悪いと他の人に迷惑がかかってしまいますから、できれば落ち着いて寝たいものです。ですから、寝ている時はなるべく動かないほうが良...