寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相を改善する方法記事一覧

皆さんの中で、目を覚ますと体が布団から出てしまっていたり、180度回転していたりと寝相が悪い人はいますか。そもそも寝ている間に体が動いてしまう原因は、日中の疲労やストレスを寝ている間に改善しようとしているからです。自由に寝返りをうつことで、筋肉の緊張や疲れを取っていると考えられます。逆に動かずに寝ていると、同じ部分に圧力がかかったり布団の中に熱がこもったりするので、かえって体に良くないものです。で...

自分の寝相の悪さを気にしている方もいると思います。寝相の悪さといってもいろいろなものがありますが、本来人間は寝ているあいだも体を動かして筋肉の緊張をやわらげるという行動を無意識にとるものですから、布団からはみだして寝ていたなどということは、そのようなものの典型といえます。そのように寝返りをうつことにより、寝ている姿勢を変えることからくる寝相の悪さとは別に、体の特定の一部を寝ているあいだに激しく動か...

人は寝ている間に疲れを取ったり、脳を休んだりします。しかし、その過程においては、その日に得た情報を収集し、整理していらない情報を捨てる機能を果たしているのも脳です。ですから、睡眠時は脳は厳密には休んではおらず、むしろ活発になっているのです。寝相は、そんな浅い眠りによく起こります。そして、この寝相はその人の精神状態を表すとも言われています。暴れるようなしぐさを見せる寝相は、それほどまでに精神的に追い...

寝相や寝言が悪い人は、主に精神的なストレスや不安や悩みなどを抱えている場合が多いです。レム睡眠と呼ばれる浅い眠りの間に発生する寝相や寝言は、自分自身の心のステータスを反映しているものとされています。解決方法は、自分の眠りを理解することと、ストレスなどを発散させ、眠りの時まで引きずらないことが重要です。眠りには2種類あります。先ほどでてきたレム睡眠と、それよりももっと深い眠りをだすノンレム睡眠です。...

良質な睡眠は健康の基本です。睡眠中に体の位置を変える無意識の運動のことを寝相といいます。寝相は良すぎても悪すぎてもいけません。といいますのも、まったく睡眠中に動かなければ、体の一箇所に重みがかかり続けるためにうっ血や床ずれといった症状の原因となります。健康な人であれば、自然に寝返りをうつのが普通です。ただし、いちじるしく寝相が悪いのも困りものです。考えられる原因としては、寝具が体に適していないこと...

一人暮らしをしている人の場合、寝相が悪いかどうかはあまり気にならないでしょう。布団を蹴飛ばしてしまって風邪でも引かない限りは、自分の寝相が問題だということすら気がつかないものです。しかし、同じ部屋で隣りで寝ている人がいる場合、寝るときの姿勢の悪さは問題になります。隣りで寝ている人まで起こしてしまうことがあるからです。では、寝相を良くするどのような方法があるのでしょうか。まずは、自分が寝ているときの...

起床後に肩や首が痛む場合は、寝相が関連している場合があります。寝相には個人のクセがあるので、体勢を解明したり改善することによって、身体のコリや歪みを効率的に治すことができるのです。人間は身体が緊張している部分を、無意識に寝る体勢によって緩めようとしています。たとえば手足が疲労しているときは、腕を上げた状態になりやすい傾向があります。胸や首筋に緊張がたまっている人は、横向きに丸まって眠ることが多くな...

寝相が悪い方は意外に多いものです。寝相が悪くて気づいたら布団から出て、違う所で寝ていたり、同じ布団で寝ている人を蹴ってしまったりといった事などあります。また、ベッドで寝ている場合ならば、転落ということも中にはあるでしょう。そのように転落してしまうと、眠りからさめてしまうだけでなく万が一事故になるということもあります。 その為、寝相が悪いという方はそれを防止する方法が必要になってきます。そして、その...

友人と修学旅行にいくときに寝相が悪いとひんしゅくを買います。結婚して配偶者と同じベッドで寝る場合も、寝相の悪さは問題になります。パートナーまで寝不足になってしまい健康を崩す理由になりかねません。では、寝相を矯正するのに有効な方法があるのでしょうか。まずは寝ている間に、姿勢を何度も変えたくなってしまう理由を考えてみましょう。人によっては、体があちこち凝っていることが理由になります。体がこわばったまま...