寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

様々な寝相の形記事一覧

眠っている間の寝相は、人それぞれ皆違っています。無意識のうちにとる姿勢ですから、誰もが自分にとって一番寝心地のよい姿勢をとっているのだろうとは思いますが、稀に自分に合わない寝具を使っているために、非常に不自然な寝相になってしまっている人もいるようです。あまり望ましくない寝相で寝ていると、体の疲労を十分に回復させることができないだけでなく、体に不調が生じてしまう場合がありますので、気をつける必要があ...

仰向けに寝転んで、左足をまっすぐ伸ばし、右足を曲げて左膝の下に入れます。これが「4の字の寝相」です。もちろん右と左が逆の人もいるでしょう。夜眠るとき、無意識にこの姿勢で寝ている人は結構います。しかし、この姿勢で眠ると血行が悪くなる・夢見が悪くなると言った噂を聞きます。どうやらあまり良い姿勢(寝相)ではないようですね。姿勢が歪んだり、朝下半身がしびれたり・・・という体験談を伺います。というのも、この...

体に負担のない正しい寝方で寝るのが一番良いですが、あおむけで寝るとなかなか寝付けないという場合もあります。寝相によって、体のどこがサインを出しているのかがわかります。横向きやうつ伏せの方が寝やすいのであれば、それも仕方ありませんが、根本的な部分を治して、正しい寝姿で安眠できるようにしたいですね。就寝姿勢の基本は仰向けです。しかし何らかの理由で、仰向けでは寝つけない場合があります。一日のうちでも歩い...

寝相というと、寝ている姿の事を指します。その時寝ている人によっては腕組みをしているような恰好で、眠りに入る方がいます。人によりますが、何かの格好をして眠るほうが、寝つきが良いということが要因のようです。安心できる恰好が、この姿勢ならと、決まった格好で眠ることは、その人の個性でもあるのです。心地よく眠る為に、どの様な姿勢が良いのかを、試した末の結論でもあるのです。まるで、何かを考えている様にも見えま...

大人の人でも寝相が悪くて困っているという方はいると思います。たとえば、寝ている間に知らず知らずのうちにえびぞりのような格好で寝てしまい、腰を痛めてしまったというような経験をしたことのある人も、中にはいることと思います。このような寝相が悪くなる原因としては、人間という生き物は本来、眠っているときでも体を自然に動かす習性があることによるものです。人間が寝ているときに寝返りなどをして動き回る理由は、ずっ...

朝目が覚めると、なぜか腕が上がっているとか、夜中に目が覚めて手を上げている事に気付くなんて経験は誰にでもあるのではないでしょうか。冬の寒い時に手が冷たくなっているとか、シビレて手の感覚がなくなっていることもあるので、出来ればこの腕を上げる寝相をやめたい方も多いと思います。ではなぜ、腕を上げたまま寝てしまうのでしょうか。人は眠る時、体が緊張して固まっているところを無意識に解きほぐそうとするのが原因だ...

寝相には、人によって本当に色んなタイプがあります。幼稚園等に行っても、寝相が異様に悪い子がいたりその逆ですごくおとなしく寝ている子がいたりと実に個性的です。親子で寝ている姿が何故かいつも同じポーズだったりするのを見ていると、何となくほほえましくなったりするものですよね。でも、実はそんな寝相に貴方が自分では気づいていない、潜在的な精神状態が現われている事をご存知ですか。就寝中の人間が取るポーズには何...

人の寝相って色んな形がありますよね。ただの癖みたいなものと思いがちですが、最近その寝相にもいくつかのパターンがあり、それぞれに性質があると言われるようになりました。寝相には、普段起きて意識がある状態で生活していると見えてこない、そんなその人の深層心理や性格が現われていると言います。統計的な話ですから必ずしもこれに当てはまると言う訳ではありませんが、家族や友達やパートナーなどの寝相を一度じっくり見て...

寝ている間にからだごと逆になっていたり、布団から体が斜めにはみ出ていたり、シーツがはずれていてシーツを掛け布団代わりにして寝ていたり、ベットから下半身だけがしたに投げ出されていたり、人によって寝相の悪さはさまざまなタイプがあります。寝相が、あまりにも悪い場合は、眠りが浅くなっているという場合があると言われています。そして、自律神経が乱れているということも考えられます。自律神経が乱れているということ...

子どもにかなり多い寝相の一つとして正座の格好になって土下座をするような姿勢で寝ている事もあるものですが、この姿勢は身体にあまり良いとは言えなさそうですが、骨盤のゆがみなどを正座で少し改善する事もできるのでそれほど長い時間続くようでなければ放っておいてもそれほど問題の無い寝方になります。しかし、長い時間この姿勢で寝ているとかなり足がしびれてしまったり、身体に悪い影響をもたらすこともあるので短時間で姿...

人が寝ている姿をマジマジと見た事はありますか。興味がある人は一度寝ている人の寝相を観察してみて下さい。人それぞれに形やタイプがあって、とても面白いものですよ。そんな人それぞれの個性や癖が出る寝相ですが、よく観察してみるとそのタイプが何パターンかに分類できる事が分かると思います。ただの癖やタイプだと思いがちな寝相ですが、最近その形やタイプによってその人の性格や本人も気づいていない深層心理なども分かる...

睡眠は、人が生きるうえで最重要の時間です。睡眠が充足していないと、肌荒れや頭痛などに悩まされるだけでなく、身体の免疫力や思考力にも影響します。寝ているあいだに知識が記憶されるといいますから、受験生やビジネスマン・ビジネスウーマンにとっては、満足できる睡眠を得られるかかどうかが、人生の方向を左右することになります。良質な睡眠は、必ずしも時間の長さではありません。就寝後3時間の「ノンレム睡眠」で脳が休...

皆さんの中で、朝起きたらバンザイで寝ていたという経験はありますか。実は、このように大人がバンザイをして寝るのは、頭、首、肩などの体のコリ、疲労が原因と言われています。疲れがたまってくると、体が自然と楽な姿勢になろうとして一時的に手を上げて寝てしまうというわけです。しかし、このバンザイの寝相は、健康上において良くありません。続けていると、腕や肩が冷えて血行が悪くなります。また、バンザイをしたままの姿...

寝相が悪くて悩んでいるという人も多いと思います。しかし寝相が悪いということは決して悪いことばかりだとは言い切れません。なぜなら人間は本来、寝ている間に自然と体が動くようにできている生き物だからです。人間に限らず、生物はずっと同じ状態で静止していたら、同じ部分の筋肉ばかりが自然と使われることになり、体が緊張してきます。したがって、同じ姿勢を取り続けた場合、人間は体勢を変えるなどして、筋肉の疲れをほぐ...

子どもの寝相が悪くて困っているという親御さんは結構多いのではないでしょうか。朝になったら180度回転していたけれど本人は全く覚えていないということもあるようです。修学旅行などがあったら、友達に迷惑をかけないか心配ですよね。そんな悩みを抱えている方は意外と多いようです。子どものうちは180度や270度、朝になったら元に戻っているなどということは割と多く、朝になっても本人は覚えていないことも普通です。...

子どもだけではなく大人でもとっている少し変わった寝相の一つに顔に手をのせてしまうという姿勢があげられます。この状態は手の位置が目の上にある事が多いですが、ある寝相の流れで顔に手が載ってしまっている事もありますが、場所によっては無意識に自分の呼吸を阻害してしまう事も多いので、少し注意が必要になります。特に、子どもや赤ちゃんが顔に手をのせてしまっていると呼吸困難に陥り、危険が大きくなるのでしっかりと姿...

寝相が悪いと色々と心配になってくる事が多いかと思います。お腹を出して眠ってしまい、翌日お腹の調子が悪くなってしまわないか。また一緒に眠っていて眠りが浅いと、パートナーの寝相の悪さに目を覚ましてしまう事もあるかと思います。他にもゴロゴロ転がって、ベッドから落ちてしまったという経験もある方もいるのではないでしょうか。こういった寝相の悪さを直す方法はこれが一番効くという事はないらしいです。ですが、身体が...

ヒトデ型、うつ伏せランナー型、王者型、スフィンクス型…。これ、何の型なのか分かりますか。実はこれは全て、人が寝る時の寝相の形なんです。人は寝ている状態、つまり意識を手放している時に本来の自分らしい姿になると言われています。つまり、その寝相をよく見てみればその人の深層心理や性格などの一部が分かってくるのです。寝ている姿は自分では見れないのでよく分かりませんが、時には性格だけでなく、その人がストレスや...

立て膝をする寝相をする人は多いです。これは、一般的に足をかばっている可能性が高いといわれています。足に痛みがある人や、一時的な筋肉痛の人など、足を日中かばっている人などが咄嗟に行う防衛反応ですので、気にすることはありません。しかし、何の痛いもないのにこのような寝相で不安に思っているのであれば、寝相などを自分で録画して見てみるのが効果的です。そうすれば脳はそれを覚えますので、そういった寝相をしないよ...

寝相はいろんなものに例えて表現されることが多いです。例えば胎児型、丸太型、落下型、兵士型などです。胎児型はよく聞きますが、体を胎児のように丸めて眠る形、丸太型は横向きで足はまっすぐ、腕もまっすぐにわきに沿って置いて眠る形です。落下型はあまり聞きませんが、うつむせ状態で枕を抱えるように両腕を置き、顔は横向きになっている形です。兵士型というのはちょっと面白い表現ですが、これは両腕をわきに置いて仰向けに...

人の性格が十人十色であるならば、寝相もまさにそれです。人にはそれぞれ、寝方もありますし、睡眠方法もバラバラです。6時間寝れれば良いという人もいれば、一方では8時間以上は寝ないと身体がダルいという人もいますので、それこバラバラです。そして、気になるのが寝相です。これは多くの人が様々なスタイルをしています。しかし、共通して言えることは、寝相が悪い人は疲れていたり、寝不足だったり、ストレスを溜めている人...