寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相の原因記事一覧

寝相が悪いのストレスが大きな原因となっています。その理由は、浅い眠りであるレム睡眠が大きく身体を支配してしまっているからです。人間は、睡眠を誰かに教わったわけではなく、自ら自然と行います。それは息を吸うように、瞬きをするようにごく自然とできてしまいます。これは、人間の本能であり、脳がその機能を必要としているからこそ実現できています。脳はこの睡眠状態時に完全に寝ている訳ではありません。その日に収集し...

寝相には4つの種類があります。ひとつは仰向けで、最も一般的ですが血行が悪くなったり内臓を圧迫します。次に多いのがうつ伏せで、最もよい寝相と言われています。腰痛や肩こりを改善し、無呼吸症候群を予防する効果もあります。横向き型は体の片方にだけ負担がかかるので、体のバランスを崩したり、寝ちがいを起こしやすくなります。前かがみ型はあまりいませんが、子供に多いようです。以上が一般的ですが、中には健康に大きく...

寝相とストレスはどうやら関係性があるようです。人間いは交感神経と副交感神経があり、この相互がバランスをとりながら人間は生活をしています。寝ている間は当然、副交感神経が作用され、身体は休むことができます。しかし、昼間に外部からの精神的な負担や、ストレスなどを感じると、そのホルモンが分泌され、副交感神経の働きが弱くなります。すると、交感神経が活発化し、イライラしたり、そわそわしたりします。それが夜にな...

人は、日中の疲労やストレスを寝ている間に改善しようとしており、無意識のうちに寝返りや楽な姿勢をとって筋肉の緊張や疲れを解消しています。寝ている時の格好は人それぞれですが、寝相が悪いことで悩んでいる方は案外多いかも知れません。特に自分が寝ている姿は自分では知ることができないため、家族や友達と旅行に行って指摘されて初めて気づくこともあると思います。子どものうちは、多少寝相が悪くても良く眠れているのであ...