寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相と病気の関係記事一覧

皆さんの中で、朝起きたらバンザイの寝相で寝ていたという経験はありますか。自分では見ることのできない寝相ですが、大人がバンザイをして寝るのは、それなりの理由があります。バンザイ寝をしてしまう一番の原因は、体の疲れによるものです。仕事や家事などで体の疲れがたまってくると、寝るときに自然と楽な姿勢になろうとします。一時的に手を上げて寝た方が楽に感じるので、バンザイをしてしまうのです。特に右手を上にして寝...

寝相が悪いと肩こりがひどくなります。これは、寝相の仕方にも大きく変わってきますが、肩に負担をかけるような寝方をすると、せっかくの休息である睡眠が台無しになってしまいます。ですから、肩こりがある人などは、寝相で悪化してしまう危険性があるので注意することが必要です。人間が寝返りなどを打ったり、夢を見たり、寝言を言ったりするのは全てレム睡眠時におきます。レム睡眠時は身体は寝ているが脳は起きている状態です...

NHKのためしてガッテンという番組で、激しい寝言や寝相がおきる病気の「レム睡眠行動障害」が紹介されました。「レム睡眠行動障害」ではない、いわゆる「普通」の寝言や寝相は、ノンレム睡眠(深い眠り)のときにおこります。ノンレム睡眠中、ヒトはおぼろげで断片的な夢を見ます。そして体は脳から情報が届けばいつでも動ける状態にあります。このときおぼろげな夢にあわせておきるのが「普通」の寝言や寝相です。「レム睡眠睡...

坐骨神経痛に悩む妊婦さんは多いようです。妊娠しておなかが大きくなり、骨盤が緩んだり体のバランスが変わるため、腰に負担がかかりやすくなるのですね。坐骨神経痛は坐骨神経が圧迫され、おしりから太ももの後ろにかけて鋭い痛みが走ります。急に痛みが走るため一瞬動けなくなったり、転倒してしまったりする危険もあります。坐骨神経痛を和らげるのに有効なのは、まず暖めることです。特に妊婦さんの場合は冷えは大敵ですので、...

寝相でその人の心身の状態がわかるという人がいます。何か不安があると体を丸め胎児のような格好で眠り、開放的な心理状態にあるときは大の字になって眠るそうです。また右利きは右向きに眠り、左利きは左を向いて眠ることが多いといいます。誰しも寝相にはクセがあり、またその心理状態が現れるということが言えるのでしょう。また、体の痛みの部位で人の寝相もわかるのです。左の腰が痛い人はたいてい左を向いて眠っており、左の...

寝相が悪いと、寝つきが悪くなって頭痛の原因になります。そもそも、何故寝相が悪くなるのでしょうか。原因は、その人が抱え込んでいる悩みやストレスなど精神的な要素が非常に強いといわれています。日本人は4人に1人は睡眠障害と言われるほど、睡眠が上手く取れていない人が多いのです。この原因は、やはりストレスなどの精神的な負担が大きな原因となっていました。眠れたとしても質が悪いので、何度も寝返りを打ったり、すぐ...

腰の椎間板ヘルニアは起床時も睡眠時も痛みを伴い、どのような体制でも腰痛が消えないので大変辛いです。しかし睡眠は人間にとっては必要な行為、大変でも体をゆっくり休めるためには質の良い睡眠をとる必要があります。椎間板ヘルニアには敷布団選びが重要です。敷布団には様々な種類があります。和室に敷くなら真綿の敷布団、ベッドに敷くならマットレスなど複数の敷布団を利用します。椎間板ヘルニアは腰にある軟骨が変形する事...

私達が起きている活動してる間は、脳が全身で使うエネルギーのうち20%を消費します。そのため脳がしっかり働く為には十分に休ませて疲労を取り除く必要があり、睡眠がその仕組みを担っています。眠ることによって脳をクールダウンさせ、脳がオーバーヒートの状態にならないように防ぎ、睡眠が身体の恒常性を維持する仕組みによって、徹夜した翌日の睡眠は深く長くなるように睡眠物質の質や量を調節します。睡眠中の寝相や、寝言...

肩だけでなく、ひどい首こりや首の痛みに悩まされている人は多いと思います。マッサージ、鍼、痛み止めの薬、運動、安静、様々な解消方法があり、どれも効果的ですが、慢性的なものであれば一時的にこりが軽減されても、また痛みがぶり返して悩まされることになります。こりの原因は色々ありますが、朝起きた瞬間から痛みを感じる人も多く、寝相も大きな要因とされています。寝ている間の姿勢で首を痛めているのです。枕が背中の位...

寝言や寝返りいびきなど寝相にもさまざまありますが、寝相は体の調子を訴えるシグナルでもあります。これら寝ているときに起きる症状について解説していきたいと思います。まず、一つ目はいびきです。この症状は呼吸をした際に、気道などが圧迫されていると起きる症状です。窓などを薄く開けていて風が通る際に甲高い音が鳴るのを想像しますと分かりやすいです。対処法としては、寝方の改善や太っている場合には、首の脂肪などが気...

寝相とは人が就寝時に行なう寝返りなどの行動のことであり、圧迫された血液の循環を助け、身体の負担を減らす役割を担っています。そのため、睡眠時にはできるだけ寝返りを多くうてるように、広いスペースで就寝した方がよく、そうすることで就寝中であっても体温を調節しやすくなり、快適な眠りを体感することができるようになります。このように本来ならば大きな効能をもたらす寝相ですが、毎朝目が覚めると背中が痛いといった悩...

寝相が多いとその分身体を動かすので抜け毛も多くなります。そして、朝起きたら枕元に抜け毛が多かったという人も多いのではないでしょうか。寝相が良い人悪い人は何が違うのかと言うと、睡眠の質です。寝相をするのはレム睡眠のように身体は多少寝ているが脳は活性化されていう時です。脳はこのときに記憶の整理やいらない記憶を消したりしています。そういったことをしているので、脳はおきています。ですから寝返りなどをするの...

普段寝ている間に現れる寝相というのは、私たちの日中の精神状態に大きく関わっているといわれています。たとえば、人それぞれ個人差はあるものの、日中に楽しいことや嬉しいことがあった場合には安らかな眠りにつくことができ、寝相も悪くありません。日中に大きなストレスを感じることがあったりしたときには寝相が悪くなったり、うなされることもあります。こうした寝相ですが、最近自律神経失調症との関係も指摘されるようにな...