寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

赤ちゃんの寝相記事一覧

大人でも寝相が悪い人はいますが、赤ちゃんは特にごろごろ激しく動き回るほど寝相が悪いものです。夜中に何度も起きて風邪をひかないように布団をかけ直す作業を繰り返して寝不足の親も少なくありません。寝相の悪さは何が原因なのでしょうか。1つは「暑すぎる」ことが考えられます。赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、布団のかけ過ぎや分厚い寝間着は赤ちゃんにとっては暑すぎることがあります。そのため、布団を蹴ったり、自...

赤ちゃんのうちはかなり首や腕など関節の弱さが際立っているので寝る時にも十分に注意が必要です。特に首などは寝相を起こそうとしても頭が重くて付いてこない事もあり、おかしく首がひねれてしまう事もあります。首がすわっていないうちはあまりおかしな寝相を取らないで済むようなベッドに寝かせてあげる必要があり、首をおかしくしないように注意が必要です。赤ちゃんの場合は首も柔らかいのでそれほどおおきな被害になる事は少...

初めての赤ちゃんの子育てにはどんな親御さんでも神経を使うことが多く、ちょっと熱を出したり咳き込んでも心配になるものです。そんな、親御さんにって気がかりなことの一つが赤ちゃんの寝相で、その姿勢によっては大丈夫なのだろうか、と不安が生じるのです。そんな姿勢の一つがえびぞりです。この姿勢は、体を横にして頭を直角に近い状態で後方に反らした寝相のことで、中には足と頭がくっつくのではないかというものもあります...

赤ちゃんの寝相が悪い場合、いくつか気をつけなければならない点があります。まず柵のないベッドで大人と一緒に寝ているという場合は、ベッドからの転落を防止するためにフェンスを設けるか、可能であれば床に布団を敷いて寝るようにしましょう。ベッド用のフェンスは、インターネットや赤ちゃん用品を販売している店舗でも購入可能です。フェンスを取り付けられない場合はベッドを壁にくっつけて、壁側に子供を寝かせるなどの工夫...

初めての赤ちゃんを授かった場合、新米ママにとっては見るもの聞くもの全てが初体験であることが普通ですから、赤ちゃんのちょっとした仕草や変化がとても気にかかってしまいます。それが病気などの早期発見にも繋がりますから、かえって望ましい場合もあるのですが、気にしすぎでノイローゼになってしまうような人もいます。特に、生まれたての赤ちゃんの場合は、首が安定していませんから、首をとても気にする人が多いです。確か...

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日の大半を寝て過ごします。新生児の頃は寝相がとても良く、ほっといていてもどこかへ行ったり、落っこちたりする心配がありません。まだ狭い子宮から出てきたばかりなので、全体的に丸くなっています。手は握りしめながら、大体は胸の横あたりにあります。1.2ヶ月経つと、手を上に上げて、バンザイをしたような形で眠っていることが多くなると思います。顔はまだ動かせないので、左右どちらかを...

首が座りだしたころから、赤ちゃんも寝返りをうつなどして、様々な格好で寝る姿が見られます。赤ちゃんは仰向けでで寝かせるようにしないといけないとよく耳にするかと思いますが、それは乳幼児突然死症候群や窒息などから未然に防ぐために言われています。ですから、寝返りをうったり仰向けからうつ伏せになってしまうからと言って、必ずしも悪いということはありません。うつ伏せの寝相の方が寝やすい赤ちゃんもいますので、あま...

赤ちゃんは大人に比べ、レム睡眠の割合が多く、脳の活動が活発で、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが短いため、レム睡眠中は盛んに手足を動かします。赤ちゃんは、実生活で体験したことを睡眠中に復習し、脳に定着すると言われています。また、睡眠中に活発に全身を動かすことにより、身体の自動調整をし、身体の歪みを調整しているとも言われています。あまりにも寝相が悪いとベビーベッドの柵や家具などで、けがをしたり何度も...

寝相という動作は、よりリラックスをしやすい体勢での睡眠をとるために不可欠なカラダの機能とされています。加えて、カラダの組織を適切な体格として成長させるという目的も挙げられます。しかし一方で、姿勢の悪い寝相を続けているとこうしたカラダの機能を阻害することにもつながります。特に成長期にある子供の場合、姿勢の悪さは背骨や歯並びなどのゆがみを引き起こし、将来の基礎体格を左右するほどの影響につながるため、適...

皆さんの中で、赤ちゃんを育てた経験がある人はいますか。そういう方は分かると思いますが、新生児や赤ちゃんや幼児期などの子供は両手を上げたバンザイの寝相をして寝ていることが多いです。これには、いくつかの理由があります。では、一体なぜバンザイの形の寝相で寝るのでしょうか。一番の理由は、赤ちゃんは手足にほとんど力をかけないで寝ているからです。逆に大人になると、睡眠中でも無意識に筋肉を緊張させたり弛緩させた...

皆さんの中で、お子さんがいらっしゃる家庭はありますか。そういう方は分かると思いますが、子供というのは気が付けば180度回転していたり、パンチにキックをしたりと寝相が悪いものです。なぜ、子供の寝相はあんなに悪いのでしょうか。一番の原因は、子どもは大人に比べてレム睡眠の割合が大きい事があげられます。特に乳児は脳の活動が活発で、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが短いという特徴があります。寝返りなどの体の...

1ヶ月の赤ちゃんというと、まだまだ寝返りも自分ではできない時期ですので、寝ている間に自分でごろごろと転がってどこかにいってしまうということはまだ起こらない時期ですね。ですが、この時期、赤ちゃんが自分で寝返りをしないからといって完全に安全かというとそういうことでもありません。足のちからが強い赤ちゃんだと意外に自分で体の位置を移動していることもあります。そうすると、周りにおいてある毛布や枕が顔にあたり...

3ヶ月の赤ちゃんというと寝相といってもまだ寝返りができない子がほとんどだという成長過程なので、あまり寝ている間にごろごろ転がっていってしまうというようなことは心配する必要はないでしょう。ですが、このころになると、体を回転するような寝返りはまだできない子でも、足のちからでベッドの上のほうにどんどんずり上がってくるような動きを見せる子は多くなってきます。そうするとベビーベッドのなかで、頭の上のほうの柵...

朝、日が昇ると目が覚め、夜、太陽が沈んで暗くなると眠くなります。私たちの体には、こんな睡眠と覚醒を繰り返す概日リズムがありますが、生まれたばかりの赤ちゃんはまだまだ未完成です。睡眠リズムを作るにはホルモンを作る力が関係していて、生後1ヶ月ごろまでの赤ちゃんは一日中ずっと眠っています。生後1ヶ月ごろから起きている時間がどんどん長くなっていき、3〜4ヶ月ごろになると概日リズムが出来てきて、6ヶ月ごろに...

6ヶ月頃から赤ちゃんはまとまった時間寝るようになります。このころにできるようになるのが寝返りです。7,8ヶ月くらいになると寝ていたら寝返りをして、うつぶせになってしまって起きちゃうと言った悩みをよく聞くようになります。大人の場合、大きな寝返りは睡眠の切り替わりと言われています。7、8ヶ月となるとだいぶ成長していますが、まだまだ睡眠は未発達です。そのためいつでも寝返りはしますが、たいていは大人と同じ...

子どもがまだ幼い時にはまだ自分自身で寝相をとることができないのでしっかりと親が身体を動かしてあげる必要があります。特にまだ生後10ヶ月程度の年齢では身体を自分で横に動かすことができない事も多いのでしっかりと工夫してあげる必要があります。赤ちゃんでも自分自身で寝相を採れるようになるのはかなり早い子もいますが、寝相の取り方によっては危険な姿勢もあり、呼吸がしにくい姿勢になってしまう事もあるので出来るだ...

赤ちゃんの寝方はしっかりと注意してあげないと最悪死に至る事もあるので、非常に注意が必要なものです。できる限りしっかりと寝相を改善してあげるようにすることでより安全に安心して眠ることができます。生後11ヶ月にもなればほぼ1年が経過するので、色々な寝方ができるようになってきますが、起きているうちにうつぶせから仰向けに慣れるように訓練させてあげることで危険なうつぶせ寝から自力であおむけに変える事もできる...