寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相や寝床に問題があると椎間板ヘルニアが悪化する事も

スポンサーリンク

腰の椎間板ヘルニアは起床時も睡眠時も痛みを伴い、どのような体制でも腰痛が消えないので大変辛いです。
しかし睡眠は人間にとっては必要な行為、大変でも体をゆっくり休めるためには質の良い睡眠をとる必要があります。
椎間板ヘルニアには敷布団選びが重要です。
敷布団には様々な種類があります。
和室に敷くなら真綿の敷布団、ベッドに敷くならマットレスなど複数の敷布団を利用します。
椎間板ヘルニアは腰にある軟骨が変形する事で神経を圧迫し痛みを伴います。
そのため腰を曲げたり重い物を運んだりする動作は、腰に負担をかけるので、できれば避けた方が良いです。
また起きている時は腰にサポートやコルセットを巻いている人が多く、負担を軽減するために様々な方法でケアしています。

スポンサーリンク

しかし睡眠時はサポートやコルセットを巻くと、腰や腹周りが苦しいので外します。
そのために敷布団選びは大変重要になります。
一番最適な敷布団は体型に合わせて沈み込む敷布団です。
人は身長や体重、年齢・性別・骨密度など、全てが一人一人異なります。
一般的に販売されている敷布団は標準サイズで作られており、体の沈みまでは計算されていないのがほとんどです。
しかし中には沈み込むタイプの敷布団があるので、椎間板ヘルニアなど腰痛持ちの人にはピッタリの敷布団になります。
これなら寝相を気にしてよく眠れないなどの悩みが解決できます。
また敷布団と掛け布団の間に抱き枕などで空間を作ると、腰への負担も少なくなり腰痛も軽減されます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加