寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

坐骨神経痛と腰に負担のかかる寝相について

スポンサーリンク

坐骨神経痛に悩む妊婦さんは多いようです。
妊娠しておなかが大きくなり、骨盤が緩んだり体のバランスが変わるため、腰に負担がかかりやすくなるのですね。
坐骨神経痛は坐骨神経が圧迫され、おしりから太ももの後ろにかけて鋭い痛みが走ります。
急に痛みが走るため一瞬動けなくなったり、転倒してしまったりする危険もあります。
坐骨神経痛を和らげるのに有効なのは、まず暖めることです。
特に妊婦さんの場合は冷えは大敵ですので、なるべく温かい格好をして、腰まわりを暖め血の巡りをよくしましょう。
そのほか、簡単なストレッチも効果的です。
インターネットや書籍などでやり方が詳しく調べられますが、妊婦さんの場合には必ずお医者様と相談の上行ってください。

スポンサーリンク

腰を痛めないための生活習慣も改善する必要があります。
歩くときの姿勢は悪くないか、長時間座りっぱなしで作業していないかなど、日ごろの習慣を見直して改善してみてください。
脚を組んだり、同じほうの方にばかりバッグをかけたりするのもゆがみの原因になりますので直しましょう。
あと、意外に大切なのが寝相です。
寝相で一番腰に負担がかかるのはうつぶせで寝る体勢です。
妊娠初期でないとうつぶせで寝ることはあまりないと思いますが、している方はやめましょう。
次に脚を伸ばしての仰向けも腰に負担がかかります。
もし仰向けにするなら、ひざの下にクッションや枕を入れると負担が和らぎます。
一番良いのは脚を曲げた横向きです。
抱き枕などがあればよりいいですね。
腰の痛みがひどい場合はお医者様に相談しながら、腰に負担のない生活を送りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加