寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相を矯正するためには

スポンサーリンク

友人と修学旅行にいくときに寝相が悪いとひんしゅくを買います。
結婚して配偶者と同じベッドで寝る場合も、寝相の悪さは問題になります。
パートナーまで寝不足になってしまい健康を崩す理由になりかねません。
では、寝相を矯正するのに有効な方法があるのでしょうか。
まずは寝ている間に、姿勢を何度も変えたくなってしまう理由を考えてみましょう。
人によっては、体があちこち凝っていることが理由になります。
体がこわばったまま眠りにつこうとすると、気持ちよく入眠出来ないので布団に入った後も、いつまでも動くことになります。
それで、寝る前に軽い体操をして体のコリをほぐすのは有効です。
軽い運動で体の緊張がほぐれれば、スムーズに眠りに落ちることが出来ます。

スポンサーリンク

寝る前の運動は、あくまでも軽いものにするのがポイントです。
この時に激しすぎる運動をすると体が興奮状態になってしまって、かえって寝つきが悪くなってしまいます。
またそれに加えて、寝る前にゆっくりと入浴するのも効果的です。
このときお湯は熱すぎないようにしましょう。
シャワーを浴びるだけの人も多いですが、浴槽につかるようにすると体の緊張をほぐすことが出来ます。
そのようにして体のコリや緊張を取り除いてから、お布団に入るようにすると比較的短い時間で眠りに落ちることが出来ます。
そして体がリラックスした状態でお布団に入りましたので、体をごそごそ動かす生理的な必要が解消されています。
その結果として、寝相も矯正されることになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加