寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

バンザイの寝相は病気になるおそれがある

スポンサーリンク

皆さんの中で、朝起きたらバンザイの寝相で寝ていたという経験はありますか。
自分では見ることのできない寝相ですが、大人がバンザイをして寝るのは、それなりの理由があります。
バンザイ寝をしてしまう一番の原因は、体の疲れによるものです。
仕事や家事などで体の疲れがたまってくると、寝るときに自然と楽な姿勢になろうとします。
一時的に手を上げて寝た方が楽に感じるので、バンザイをしてしまうのです。
特に右手を上にして寝ている場合、もしかしたら肝臓が疲れているのかもしれません。
 けれども、このようなバンザイ寝は、健康上においてあまり良くありません。
なぜならば、バンザイ寝はその場所に負担を与え続けることになるので、筋肉の強張スポンサーリンク

りが固定化してしまいます。
そうなると眠っても疲れが抜けないと感じるようになります。
また深い呼吸が出来ない為、自律神経にも影響し、リラックスして眠れません。
そして、最悪の場合、気道が狭くなるので呼吸が浅くなることから、呼吸器疾患や肺炎などの病気のリスクが高まってしまいます。
では、改善するためにはどうすればいいのでしょうか。
一番の有効的な対策は、お風呂に肩までつかりゆったりとした時間をもって、疲れを癒すことです。
その際には、ほんの10分でも、肩を伸ばしたり、肩甲骨を寄せたり開いたり、首を回したりストレッチを行うといいです。
それをするだけでも、体のコリや疲れは解消されていきます。

参考にしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加