寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相がひどいと抜け毛も多くなる

スポンサーリンク

寝相が多いとその分身体を動かすので抜け毛も多くなります。
そして、朝起きたら枕元に抜け毛が多かったという人も多いのではないでしょうか。
寝相が良い人悪い人は何が違うのかと言うと、睡眠の質です。
寝相をするのはレム睡眠のように身体は多少寝ているが脳は活性化されていう時です。
脳はこのときに記憶の整理やいらない記憶を消したりしています。
そういったことをしているので、脳はおきています。
ですから寝返りなどをするのですが、この時に、昼間などに外部からのストレエスなどを浴びた人はホルモンバランスが崩れているので、神経がより活発化しています。
そして寝た時にも、その神経は活発化していますから動き回ったりするわけです。

スポンサーリンク

寝相が悪い人は、ストレスが溜まっていたり、疲れが取れていなかったり、精神的に落ち着かない何か案件を抱えていたりといった、内部的な心理部分が非常に大きいのです。
ですから、もし寝相を治したいのならば、日中にさらされたストレスを寝る前までにどうにか解消する必要があります。
それができれば、夜の寝返りの多さや寝相の悪さなどを解消することができます。
しかし、このストレスを溜めないようにするというのは、現代では中々難しいかもしれません。
常に何かしらのストレスを感じている人が多いからです。
ですが、自分で何か発散方法を見つけるのが一番の治療薬となっています。
抜け毛予防にもなりますし、ストレスを解消する方法を見つけてみるのが良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加