寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

赤ちゃんの寝相が悪いのは何が原因か

スポンサーリンク

大人でも寝相が悪い人はいますが、赤ちゃんは特にごろごろ激しく動き回るほど寝相が悪いものです。
夜中に何度も起きて風邪をひかないように布団をかけ直す作業を繰り返して寝不足の親も少なくありません。
寝相の悪さは何が原因なのでしょうか。
1つは「暑すぎる」ことが考えられます。
赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、布団のかけ過ぎや分厚い寝間着は赤ちゃんにとっては暑すぎることがあります。
そのため、布団を蹴ったり、自分から布団を出る等します。
寝入ってからしばらく様子を見て、首から上が汗ばんでいるようなら暑すぎる証拠です。
布団を薄くするか、もう少し薄い寝間着にする等、調整してあげましょう。
室温も高過ぎないように注意が必要です。

スポンサーリンク

2つ目の原因は、睡眠のリズムにあります。
寝返りなど、身体を動かすことは、眠りが浅くなり夢を見る「レム睡眠」の時に起こります。
レム睡眠は大人は一晩で全体の20%ぐらいですが、赤ちゃんは50%ほども占めていると言われています。
そのため、動く時間が長くなります。
人は眠っている間に日中の神経や身体の疲れを解いています。
寝返りは睡眠中に身体の歪みや疲れをとる動きなので、寝相が悪いことは健康な証拠です。
身体の動きを制御する脳もしっかり休めていることが寝相の悪さによって表れているからです。
怪我をするほどの激しさでなければ無理に矯正する必要はありません。
寝返りは生理的なものなので心配は無用です。
自由に寝返りをうてるように安全な場所で広めのスペースをとって寝かせてあげましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加