寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

赤ちゃんの寝相と首について

スポンサーリンク

赤ちゃんのうちはかなり首や腕など関節の弱さが際立っているので寝る時にも十分に注意が必要です。
特に首などは寝相を起こそうとしても頭が重くて付いてこない事もあり、おかしく首がひねれてしまう事もあります。
首がすわっていないうちはあまりおかしな寝相を取らないで済むようなベッドに寝かせてあげる必要があり、首をおかしくしないように注意が必要です。
赤ちゃんの場合は首も柔らかいのでそれほどおおきな被害になる事は少ないですが、寝相を直そうとしたときに大人が頭のひねりに気付かずに重症にしてしまう事もあるので身体を動かす時にはまずは頭を守ってあげるようにする必要があり、両親は細心の注意を払ってあげる必要があります。

スポンサーリンク

 子どもの頭はかなり重くなっているので、その子自身ではまだコントロールできないでいる事が多くあります。
そのため、無意識の状態ではできるだけ危険な状態にならないように気をつけることしかできませんが、身体が90度しか回転できないような状態にしておけばそれほどの危険は無いので少し寝る場所を工夫してあげることでかなり危険を回避できます。
あまりに広すぎるスペースでは寝相で動き過ぎてしまって身体をぶつけてしまう事もありますが、ある程度の狭さがあれば動き過ぎる事もなく安全を維持する事もできます。
しっかりと安全に睡眠がとれるようにしてあげることで、親も日々の子育ての疲労を癒すためにしっかりと寝る時間を確保する事ができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加