寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

7,8ヶ月の赤ちゃんの寝相と夜泣きについて

スポンサーリンク

6ヶ月頃から赤ちゃんはまとまった時間寝るようになります。
このころにできるようになるのが寝返りです。
7,8ヶ月くらいになると寝ていたら寝返りをして、うつぶせになってしまって起きちゃうと言った悩みをよく聞くようになります。
大人の場合、大きな寝返りは睡眠の切り替わりと言われています。
7、8ヶ月となるとだいぶ成長していますが、まだまだ睡眠は未発達です。
そのためいつでも寝返りはしますが、たいていは大人と同じように睡眠の切り替えの時が多いようです。
寝ている間の寝返りは無意識のうちにしているので、深い眠りからいきなりうつぶせになって、びっくりして泣いて起きてしまうという感じです。
寝返りしてしまうのは運動発達の上では必要なことなので仕方のないことです。

スポンサーリンク

もし、このような寝相で起きてしまうのを防ぐとしたら、うつぶせになったらすぐに戻したり、日中に寝返りの練習をたくさんしたり、慣れさせたりすることくらいしかありません。
もし、これらをやっても起きたり、泣いたりすることがなくならないこともあります。
また、夜泣きが増えるのもこのくらいの月齢です。
夜泣きをして一時的に抱っこやあやしたりして寝かしつけても、翌日も同じことの繰り返しになってしまいます。
一番効果的な方法は一日のリズムをちゃんと作ってあげることです。
日中はたくさんスキンシップをとったり、お散歩したりして疲労感を与え、暗くなったら寝る準備をしてあげることです。
家事などをしていると寝ていて欲しいですが、夜にしっかり寝る習慣をつけるためにも起きている時間も必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加