寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

生後10ヶ月の赤ちゃんの寝相の直し方

スポンサーリンク

子どもがまだ幼い時にはまだ自分自身で寝相をとることができないのでしっかりと親が身体を動かしてあげる必要があります。
特にまだ生後10ヶ月程度の年齢では身体を自分で横に動かすことができない事も多いのでしっかりと工夫してあげる必要があります。
赤ちゃんでも自分自身で寝相を採れるようになるのはかなり早い子もいますが、寝相の取り方によっては危険な姿勢もあり、呼吸がしにくい姿勢になってしまう事もあるので出来るだけ気をつけてあげる必要があります。
しっかりと寝相を維持してあげて窒息する事が無いようにしてあげることがまず大切になります。
赤ちゃんの場合はうつぶせで寝ると呼吸がしにくくなるので出来るだけ仰向けで寝るようにしてあげましょう。

スポンサーリンク

 しかし、ずっと仰向けで寝ていると背中が汗も出かゆくなってしまう事も多いので、しっかりと寝相を採れるようにしてあげることで夜泣きやその他の異常を改善する事もできます。
10ヶ月の赤ちゃんではまだできない事が多いので親にはかなり大変な苦労が付きまといますが、しっかりとお世話をしてあげて確実に無理にないような寝方をさせてあげる必要があります。
寝る向きは横でも仰向けでも良いのであまりうつ伏せになってしまわないようにだけ注意してあげることでより安全に睡眠を取らせてあげることができるでしょう。
寝方を直すのは母親一人では厳しい時も多いので父親や祖父母も協力して子育てをしていくことでしっかりと子どもの睡眠を守ることができるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加