寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

生後11ヶ月の赤ちゃんの寝相の直し方

スポンサーリンク

赤ちゃんの寝方はしっかりと注意してあげないと最悪死に至る事もあるので、非常に注意が必要なものです。
できる限りしっかりと寝相を改善してあげるようにすることでより安全に安心して眠ることができます。
生後11ヶ月にもなればほぼ1年が経過するので、色々な寝方ができるようになってきますが、起きているうちにうつぶせから仰向けに慣れるように訓練させてあげることで危険なうつぶせ寝から自力であおむけに変える事もできるようになってくる年齢です。
まだまだ目が離せない年齢ですが、親が一緒に付き添って注意してあげていれば起きている時の練習でそれを直すこともできるようになります。
寝相は無意識な状態で行われるものなので少し改善には難しさもあります。

スポンサーリンク

 赤ちゃんのうちはまだまだ自由に体が動かせないのですが、寝る時は意外とよく動きます。
また寝ている時の方が多いので寝相の管理は気をつけてあげないと呼吸困難という状態になってしまい危険が伴ってしまいます。
ある程度の年齢になってきたら、起きている時に運動をさせてしっかり筋肉を鍛えたり、うつぶせから仰向けに治るにはどうしたら良いかを動きを教えてあげることが大切です。
身体の使い方をあまり知らない子どもは特に手取り足とり教えてあげなければいけませんが、何度も教えていると自然とできるようになってくるので危険な事を回避できるように教えてあげるようにすると良いでしょう。
仰向けでの睡眠を維持するようにし、定期的に背中の汗は拭いてあげましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加