寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

子供の寝相が悪い原因

スポンサーリンク

子供の寝相が悪いといって、お困りの親御さんもいると思います。
寝ている間に体勢がかわってしまって、朝起きたらお子さんが上下さかさまになって眠っていたなどという程度ならまだいいのですが、たとえば布団を横にして子供と寝た場合に、お子さんの寝相が悪すぎて、親御さんが寝ている布団の方まで、体をごろごろ移動させて、子供が動き回るために、そのたびに体の一部などが親御さんの体に接触して親御さんがそのつど夜中に目が覚めてしまったり、他のお子さんが一緒に寝ている場合は、他のお子さんの寝ている方まで動いて、他のお子さんを夜中に起こしてしまったりすることもあります。
またベッドで寝ている場合は寝相が悪いことによってお子さんがベッドから落ちるという場合もあります。

スポンサーリンク

 このように寝相の悪いお子さんをお持ちの親御さんは、なぜうちの子はこんなに寝相が悪いのかと疑問に思う方も多いと思います。
子供の寝相が悪い原因にはいくつかのことが指摘されています。
そのようなもののひとつに、小さな子は体温が一般的に高いということがあげられます。
体温が高いゆえに布団のなかで、じっと寝ていると暑苦しさを無意識に感じるようになり、自然と掛け布団などをはがして敷き布団のうえで動き回るといったことが多いようです。
子供の体温が高い理由にはひとつには大人にくらべて成長ホルモンが活発に分泌されていることがあげられます。
また、そのようなことから子供は大人にくらべて体の代謝がよいことから、体温が上がりやすいのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加