寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寒い夜でも布団をはいでしまう1歳児の寝相を良くする方法

スポンサーリンク

子供の体は、大人に比べると新陳代謝が活発におこなわれます。
そのため体温が高めで、汗もかきやすいです。
赤ちゃんのうちからたっぷりと汗をかきますが、1歳児になると筋肉が発達して体をよく動かすようになり、そのぶん発汗量も増えます。
そしてそれにつれて、寝相もどんどん悪くなっていきます。
筋肉の発達と、発汗によるむずがゆさから、寝ている最中でもさかんに体を動かすようになるのです。
その際、布団を押しのけたり蹴飛ばしたりします。
大人にとっては寒いと感じる夜であっても、子供には暑く感じられ、布団をはいで涼しさを得ようとするのです。
しかし汗をかいた状態で、何もかけずに寝ていれば、体調を悪くする可能性があります。
また、頻繁に動いていると熟睡もできません。

スポンサーリンク

寝る子は育つという言葉がありますが、睡眠は子供の健康な発達には欠かせないものです。
ですから本来子供は、布団をかけた状態でぐっすり眠る方が良いのです。
そのためには、日中にしっかりと体力を使ってほどよく疲れさせておく必要がありますが、布団とパジャマを変えることも効果的です。
まず布団は、汗を吸い取りやすいタオル生地のものを選びましょう。
しかしタオルケットだと大きすぎて子供の手足をすっぽりと覆ってしまい、子供がむずがゆさを感じてしまいます。
ですからタオルケットではなくフェイスタオルなど、あまり大きくないものをお腹にかけてあげると良いです。
パジャマも、柔らかくて通気性の良い素材のものがベストです。
袖口や襟元をゴムで絞り込んでいるものよりも、開いているものの方が通気性が良いです。
ボタンがついているパジャマも、寝返りの際に硬さで違和感を感じて起きてしまうことがあるので、できればTシャツのような形のものを選びましょう。
むずがゆさを感じないような布団とパジャマにすれば、子供は良い寝相でぐっすりと寝てくれるようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加