寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

1歳児、2歳児、3歳児の寝相の悪いのはなぜ

スポンサーリンク

子供の寝相は、悪いものです。
なぜ子供の寝相が悪いのかを説明します。
幼い子供はの寝相は、布団からはみれていたり、反対に寝ていたりする現象がほとんどです。
寝ている間は、子供は動いております。
なぜ動くのかといいますと、体温と気温の関係があります。
布団をかぶって最初のうちは寝ていても時間が経つと暑いと言うことで、布団を蹴り冷たい位置を探して動いているのです。
大人の方もそのような寝相の方がいます。
でも子供に多いわけです。
特に1歳児や2歳児、3歳児位まではそのような感じで寝ています。
4歳児位から少しマシになってきます。
季節によっても同じです。
夏場の暑い時などは、布団を掛けずに寝ている間は冷たい位置を探しております。

スポンサーリンク

布団からはみれているのは、その理由です。
冬場の寒い時は、最初は、布団に毛布で掛けて寝ていますが、時間が経つと布団内は温かい為に高温になり、暑さを感じます。
その為冷たい位置を探し始めるのです。
しかし冬場だけあって布団から外れると今度は寒さが襲ってきて布団へと戻っていくのですが、整えることを知らない子供だけに無茶苦茶な状態で寝ているわけです。
その繰り返しとなるのです。
その為、風邪をひいたりする子供が多くいます。
そのような状態をみつけたら、布団をかけてあげることが大切です。
これが子供の寝相が悪い原因なのです。
体温と気温の関係でこれだけ悪い寝相になるので、注意してみてあげると良いわけですが、大人も寝ているだけに難しい次第です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加