寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

一般的な4歳児の寝相は

スポンサーリンク

4歳児は、まだまだジットして寝ることは少ないように思います。
コロコロと動きまわって中には布団から、はみ出して寝ている子供も多いのではと思います。
6歳位になると落ち着いて寝るようになるようです。
良く耳にするのは冬場は布団からはみ出して寝てしまうのでベストタイプの物や厚着をさせて寝かせる親が多い様です。
親も何度も目が覚めて布団に入れてあげても直ぐに布団を蹴ったりコロコロと転がってしまうので毛布タイプになっているベスト等は人気の様です。
お尻までの長さや足元まであるタイプもあり、夜中に寝相の悪い動き回る子供には寝冷えの心配もなく、安心して休めるようです。
親も何度も目が覚めてしまうと寝不足になるのでユックリと休めるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

添い寝をする親も多い様ですが、顔や体を蹴られたり、そのたびに目が覚めて大変な様です。
寝ている間も動きまわって活発な4歳児ですが、布団からはみ出したりしないように壁側に寝かしてあげるのもよい方法だと思います。
行き止まりになっていれば安心ですね。
布団はかけないで寝る事を前提で、その代わりになるように厚着をさせてあげてれば風邪をひく心配も軽減されそうです。
夏場は寒さの心配は少ないですがクーラーや扇風機などでの寝冷えの心配があります。
そんなときは、お腹を冷やさないように腹巻きをつけてあげると安心ですね。
寝苦しい時は保冷剤等を上手に使って寝かしてあげるのも良いと思います。
クーラー等を使うときは直接、風があたらないような工夫も大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加