寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

妊婦さんの妊娠後期の寝相について

スポンサーリンク

妊娠後期にもなるとお腹の赤ちゃんもだんだんと大きくなり、お腹が前へ突き出てくるようになります。
そうすると、大変なのが寝るときです。
お腹の赤ちゃんと羊水の重みで仰向けに寝ることができなくなります。
できなくなるというより、苦しいのです。
それらの重みで背骨が圧迫されるのと、また血管が圧迫されて妊婦さんの血行が悪くなります。
逆にうつぶせで寝ると、お腹の赤ちゃんをつぶしてしまいそうですし、赤ちゃんが苦しそうにして大丈夫かと不安になります。
そこで、妊婦さんの妊娠後期の寝相についてお勧めの方法を紹介します。
人によってどの方法が楽かは実践してみないとわかりません。
うつぶせが楽な方もいらっしゃいます。
今回、あくまで一般的にお勧めで楽な方法をご説明します。

スポンサーリンク

妊娠後期の妊婦さんにとってお勧めの方法は横向きです。
いわゆるシムスの体位というものです。
人間は自分から向かって左側に心臓があります。
心臓のある左側を下にして、横向きの体制で寝ると楽になります。
楽になるだけではなく、母体や赤ちゃんにとって良いことがあります。
妊娠後期にもなると大きくなった子宮を動脈が圧迫するので、血液の循環が悪くなります。
血液の循環が悪くなり、寝ているときにこむら返りが頻繁におこるのもこのためです。
血液の循環が悪くなると母体やお腹の赤ちゃんに影響がでることがあるため、この横向きの寝相がとても良いです。
肋骨や背骨も圧迫することがありませんので、安心できる方法です。
この方法を一度試してみるとよいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加