寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相で分かるパートナーの心理状態

スポンサーリンク

あなたのパートナーはどんな姿勢で寝ていますか。
赤ちゃんのように丸まっていたり、布団に抱きついていたり、そんな寝相によって心理状態がわかるんです。
ここでいくつかご紹介しましょう。
横向きに丸まった姿勢で寝ている人は、人付き合いが苦手で誰かに守られたいと思っているようです。
案外寂しがりやなのかも知れませんね。
横向きで少し膝を曲げた状態で寝ている人は、協調性に富んだ安定した性格の反面、人が良く優柔不断な面もあります。
仰向けで寝る人は、自信家で明るくおおざっぱな性格です。
ただ、他人の気持ちを察するのが苦手かも知れません。
うつぶせで寝る人は、几帳面で自分中心に物事が進むのが好きな人です。
他人に対して厳しいこともあります。

スポンサーリンク

抱き枕や布団に抱きついて眠る人は、理想が高い人です。
抱きついて眠る、という姿勢は現実とのギャップで欲求不満になっている可能性が高いです。
横向きでくるぶしを重ねて寝る姿勢は、不安定でストレスを抱えているときになりやすいので、もしパートナーの方がこの姿勢なら何か悩みがあるのかも知れません。
膝を立てて眠る人は、短期で神経質な傾向があります。
細かいことを良く覚えていて、怒りっぽいことが多いです。
胸の上に手を乗せて寝る人は、悩みや不安を抱えていて、精神的にも肉体的にも不満やストレスがたまっている状態です。
いかがでしたか。
寝相は自分で見ることができませんので、パートナーと寝相を報告し合って、あてはまるかどうか確認してみるのも楽しいですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加