寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相で分かる心理「バンザイ」と両手を上げるポーズ

スポンサーリンク

人の寝相は様々ですが、その寝相で深層心理が分かるって聞いたら、確かめてみたいと思いませんか。
自分寝相はなかなか自分では確認できないので、家族同士でどんな寝相だったかを報告し合って、どんなタイプに該当するのか探してみるのもおもしろそうですね。
さて、アメリカやイギリスでは、丸まって寝る人や横向きで寝る人、仰向けやうつ伏せ、胸に手を当てて寝る人、それぞれのタイプに分類して寝相の深層心理学が研究されていて、ある程度その傾向によってその人の心理状態が統計的に分かるようなんです。
では、仰向けで両手を上げる「バンザイ」の格好で寝ている人はどんなタイプでしょうか。
このタイプは、さらに「王様」型、「ヒトデ」型と分類されているようで、手をまっすぐにしているか、枕を抱え込むようにしているかによっても違いがあるようです。

スポンサーリンク

このタイプの人は、気持ちが開放的で自分に自信を持っている方が多いようです。
親の愛情をきちんと受けてのびのびと育った人や子どもに多く見られ、個性的な人が多いので、タレントなども向いています。
自信が満ちあふれていて、安定した心理状態を持つタイプで、人に好かれます。
初対面の人でもすぐ打ち解け、仲良くなることができます。
また、このタイプの人で、枕を抱え込むように両手を上げる人は、聞き上手で、人の言うことを良く聞き、困っている人がいたら放っておけませんので、誰かの役に立てるのが大好きです。
ただ、あまり注目の的になることは好まず、縁の下の力持ち的な頼れる存在といえるでしょう。
いかがですか。
以上、「寝るときにバンザイと両手を上げる方」の心理でした。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加