寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

子供の寝相には欲求不満があらわれるのか

スポンサーリンク

よく子供は寝相が悪い、激しい等聞くことがあります。
大人でも寝相が悪い人はいますが、子供の場合、動きが特に大きく、一度起き上がって反対側にバタンと倒れこむようにしたり・・横でねている人に殴りかかってきたり、泣きながら蹴ってきたりなどということもあるようです。
こうした様子をみると、子供がなんらかの欲求不満に陥っていて、それが夜ねている間にでているのではないか心配される親御さんも多いようです。
もちろん寝ている間というのは理性が働かなくなっているので、日中の生活のなかでいやだと思ったことなどがフェードバックして夢のような形で現れて、それが動作にもつながっている、という可能性も捨て切れません。
ですがそれがそのまま欲求不満かというとそうともいえないのです。

スポンサーリンク

大人はいろいろな経験値により、これだけの経験をしたら、こんな風に自分の中で処理する・・という精神的な成長ができてきている人が多いです。
まだ身体的、精神的に未成熟な子供のうちはそれがきちんとできていないことから、夜の寝相等にそれがあらわれる場合が多いようです。
でもそれは必ずしも悪いことではないのです。
子供が夜暴れるからといって、昼間にいやなことがあったとは限らず、精神的に高揚するようなこととか、または情報的に処理できないほどのことがあったときに無意識に寝ている間にそれを発散するために体を激しく動かす、という考えもあるようです。
もちろん、親が知らない間に子供が外の世界でストレスを受けている場合もありますが、その場合、寝ている間だけでなく日中にもなにかしら子供の様子に変化がみられると思われますので、そうした場合には子供によりそって話しを聞くなりの対処も必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加