寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

悪い寝相を健康的に治す方法

スポンサーリンク

良質な睡眠は健康の基本です。
睡眠中に体の位置を変える無意識の運動のことを寝相といいます。
寝相は良すぎても悪すぎてもいけません。
といいますのも、まったく睡眠中に動かなければ、体の一箇所に重みがかかり続けるためにうっ血や床ずれといった症状の原因となります。
健康な人であれば、自然に寝返りをうつのが普通です。
ただし、いちじるしく寝相が悪いのも困りものです。
考えられる原因としては、寝具が体に適していないことが挙げられます。
また睡眠中に着ている衣服も寝相に関係があります。
人は一晩の眠りでコップ一杯分の汗をかくといわれています。
温かすぎる服装で眠ると自然な体温調節機能が働かず、ひどい寝相の原因となる可能性があるのです。

スポンサーリンク

では具体的にどのような睡眠環境を整えれば良いのでしょうか。
まず重要なのは、マットレスです。
体を支えるものなので、なるべく自分に合ったものを選びたいところですね。
良いマットレスは快眠をもたらしてくれます。
やわらかすぎるものは体重を支えきれないため、腰に負担がかかります。
これでは腰痛の原因になりかねません。
逆に固すぎるものは目覚めても疲れが取れず、体の節々に痛みを感じることになるでしょう。
もっと手軽なのは枕の交換です。
こちらも自分に適した高さや素材を選ぶことで、寝相を改善する効果が期待できます。
また抱き枕を利用することによって、首や脊椎の負担が軽くなります。
適度な寝返りで、健やかな睡眠をおくりましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加