寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

足癖の悪い寝相の原因と対処法

スポンサーリンク

自分の寝相の悪さを気にしている方もいると思います。
寝相の悪さといってもいろいろなものがありますが、本来人間は寝ているあいだも体を動かして筋肉の緊張をやわらげるという行動を無意識にとるものですから、布団からはみだして寝ていたなどということは、そのようなものの典型といえます。
そのように寝返りをうつことにより、寝ている姿勢を変えることからくる寝相の悪さとは別に、体の特定の一部を寝ているあいだに激しく動かすというようなことがあります。
こういった場合は自分では普通は気付かず、旅行などに行き友人と隣り合わせで布団を敷いて眠った場合などの場合に、翌朝友人に指摘されて自分の寝相の悪さに気付かされるということが多いようです。

スポンサーリンク

 このような寝ている間に体の一部分だけを激しく動かすという寝相の悪さのひとつに、足だけを激しく動かす場合があります。
このような事例を、寝ているあいだの足癖が悪いといいます。
寝ているあいだに足を無意識のうちに激しく動かしてしまう原因のひとつとして考えられるのは、厚着をたくさんしたり、掛布団を何枚も重ねたりして寝ているために、寝ているあいだに自然とそれらの暑さや重みによる圧迫感を感じて、足を激しく動かすことにより無意識にそれらの掛布団などをはねのけて、それらからの圧迫感から逃れようとする働きによることが考えられます。
そのような原因による足癖の悪さを治す方法としては、適切な温度調整のされた服や布団で眠るということがあげられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加