寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相とストレスは関係している

スポンサーリンク

寝相とストレスはどうやら関係性があるようです。
人間いは交感神経と副交感神経があり、この相互がバランスをとりながら人間は生活をしています。
寝ている間は当然、副交感神経が作用され、身体は休むことができます。
しかし、昼間に外部からの精神的な負担や、ストレスなどを感じると、そのホルモンが分泌され、副交感神経の働きが弱くなります。
すると、交感神経が活発化し、イライラしたり、そわそわしたりします。
それが夜になっても続いていると、中々寝付けなかったり、さらには、寝ていてもあまり深い眠りにならなかったりと、何かしらの影響があることが判明しています。
イライラしていたり、ストレスがあったりすると、寝相にも影響を及ぼします。

スポンサーリンク

どんな影響かと言うと、まず、寝相が悪くなります。
寝返りなどはレム睡眠時に発生します。
浅い眠りですので、身体を動かすことができます。
ですからその間に寝返りなどを打つのですが、ストレスなどがある人は、このレム睡眠が多くを占めるようになります。
本来ならば同じ時間がサイクルで訪れるのですが、レム睡眠は眠りが浅く、熟睡できていないので、疲れが取れません。
ストレスを溜めると寝不足になり、翌朝がだるかったりしてしまいます。
そして、寝相にも大きな影響を与えます。
レム睡眠は眠りが浅いと言いました。
ずっとその状態が続くので、常に寝返りを打つような形になります。
すると次第に寝相が悪くなるのです。
あまり疲れなどを溜めないようにするのが良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加