寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相と体の歪みの関係

スポンサーリンク

「朝起きると布団から体がはみ出ていている」「まくらが頭とぜんぜん違う位置にあっる」「布団が上下さかさまになっている」「体がくのじになっている」「大の字になっている」「掛け布団のカバーから布団が出ている」などと、どこをどのようにしたらそうなるのかというくらい寝相が悪いという悩みをもっている人がいます。
しかし寝相が悪いという事は、体の歪みを正常に整えてくれるという効果があるのです。
長い時間同じ姿勢でいるというのは、体の一ヶ所にずっと負担をかけているということになります。
人は20回から30回くらい寝返りをするというのが理想的だと言われています。
適度な寝返りは、体をしらずのうちにほぐしているようです。

スポンサーリンク

「寝返りでからだの歪みをとる」という効果があると言われています。
寝相が悪いということは、からだの歪みをとっているということなのでとても良いことなのです。
寝返りは神経や筋肉のつかれをほぐすということが行われている大切な行動だと言われています。
こどもが寝相が悪いのは、それだけ大人よりも運動量が多く、からだの歪みを整えているということになります。
20回から30回くらい寝返りをうっていると、眠っているからだの緊張をゆるめて、骨のバランスを90分周期で訪れる浅い眠りと深い眠りを繰り返して、安定した睡眠を得ることができます。
そしてもうひとつ、からだの歪みを改善するためには、からだ全体を支える硬めのマットが、良いと言われています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加