寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

適度な寝相の悪さは血流をよくするために必要

スポンサーリンク

皆さんの中で、寝相が悪くて悩んでいる人はいますか。
そもそも適度な寝返りは、体のためには不可欠なものです。
なぜなら、寝返りをうつことで、体が床ずれするのを防いでくれるからです。
逆に寝相がよくてずっと同じ体勢を保っていると、血行不良になってしまいます。
結果、同じ寝方が続くと、血の流れが悪くなり床ずれを起こしてしまいます。
または、手や脚に十分な血が届かずに、朝起きたときに麻痺する恐れもあります。
ですから適度な寝相の悪さは、体の血行をよくするためには必要なものといえます。
 しかし、暴れまくるくらいの寝相の悪さは注意が必要です。
このように寝相が悪くなるのは、眠る環境に問題があると考えられています。
たとえば、部屋の気温が暑スポンサーリンク

すぎたりすると、体は無意識のうちに居心地のいい環境を求めて服を脱いだり、涼しい場所を求めて動き回ることになります。
 居心地のいい睡眠環境を作るには、まず、寝室の温度設定に気を配りましょう。
夏は約25℃、冬は15℃前後にして、湿度はだいたい50%ぐらいがおすすめです。
あとは、寝るときに部屋を暗くして寝やすい環境を作りましょう。
これなら、寝やすい場所を探すために激しく寝返りをうたずに済みます。
それと、睡眠に入る前に、ストレッチをしておくのも寝相を悪くしないためにはおすすめです。

ストレッチは、心と身体の疲れを癒す効果があると言われています。
ですからストレッチをすることで、筋肉がほぐれて血流がよくなり、安眠効果も期待できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加