寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相が悪いと血が止まることがあります

スポンサーリンク

人間は、寝ていても起きていても生命活動は維持しています。
脳は常に動いていますし、心臓やその他内臓もしっかりと活動しています。
むしろ寝ている場合のほうが活発に動いている場合もあります。
日中に問題なく活動できるように、人間は寝ている間に色々と修復してくれたり、疲れを感じさせなくなったりと言った大きな効果が睡眠にはあります。
しかし、この睡眠をしっかりと満足のいくだけ取れているという人はいったいどれだけいるのでしょうか。
日本人は4人に1人は睡眠障害を持っているとの結果も出ています。
むしろ現代病との位置づけが強くなってきています。
睡眠はストレスと大きな関係を持っています。
そして、寝相もストレスと大きな関係をもっているのです。

スポンサーリンク

ストレスが溜まると、ゆっくりした睡眠をすることができなくなります。
すると、寝相も自然と悪くなっていきます。
そして、手などを身体の下に置いて寝るような姿勢をする場合があります。
これを長時間していると、自らの体重で血の流れを止めることになり、手先などに血が届かなくなり、血が止まることで腐ってしまい壊死を引き起こす可能性もあります。
これは極端な例ですが、寝相が悪いことはそれだけで、身体に大きな負担をかけていることにも繋がります。
それは、多くの場合がストレスである場合が多いのです。
ですから、寝る前にはなるべくストレスを溜めないで、寝るのがこういった寝相の悪さを克服できることになります。
寝相の解消は、ストレス解消と同義です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加