寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相が悪くなると手首をいためる

スポンサーリンク

寝相が悪くなると手首が痛くなります。
これは、手首を変な方向へずっと曲げているのを、寝ているので気付かないからこそ起きる現象です。
これは、誰にでも起きることですので気にする必要はありません。
しかし、どうしても気になるのであれば、寝相の改善を試みるのが良い方法です。
それには、睡眠のメカニズムを知る必要があります。
睡眠には深い眠りと浅い眠りが交互に訪れます。
そして、寝返りや夢を見ることなどは浅い眠りであるレム睡眠時に発生します。
これは90分サイクルで繰り返されますのです、夢は1日に何回か見ることになります。
そして、寝返りもこの時間帯に行うので1日に何回か行うことになります。
この浅い眠りの間に発生する寝相を改善すれば良いのです。

スポンサーリンク

寝相などは浅い眠りに場合に発生します。
では、それを支配しているのは誰でしょうか。
紛れもなく脳です。
身体は寝ていますが、その時は脳はしっかりと活動し、その日に発生した記憶を整理しています。
いるものいらないものを分けて整理し、いらない記憶などを処分しています。
脳は活発に動いているので、夢を見たり、寝返りを打ったりするのです。
そこで厄介なのが、ストレスなど精神的な部分です。
脳が起きているのでそれを利用して不安にさせたりします。
ですから、ストレスや不安などがある場合は、寝相が悪くなる傾向になります。
こういったものを解消することで寝相をある程度は改善することができ、睡眠の質も良くなるので一石二鳥なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加