寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

仰向けの寝相は内臓を圧迫することがあります

スポンサーリンク

寝相と一口に言っても、そのスタイルは実に様々です。
神経質な人はうつぶせで寝ることが多いなどとよく言われますが、大の字になって寝る人がいるかと思えば、赤ちゃんのように小さく体を丸め込んで寝る癖のある人もいます。
多分、それぞれの人が自分にとって一番寝やすい姿勢を無意識のうちにとっているのだろうと思います。
でも、その人の身体的特徴などを考えると、あまりおすすめすることができない寝相があるのも事実です。
たとえば、太り過ぎの人が仰向けで寝ると、お腹についた大量の脂肪が内臓を圧迫してしまったり、血流を悪くさせてしまったりする可能性があります。
お相撲さんは仰向けでは寝ないという話を聞いたことがありますが、多分そのような理由からだと思います。

スポンサーリンク

 うつぶせで寝ると、顔に寝具の跡がついてしまうからと嫌がる人もいますが、肩こりや腰痛の改善には効果があると言われていますので、そのような悩みを抱えている人は、自分の寝相を改善して、意識的にうつぶせで寝るように変えてみてはいかがでしょう。
うつぶせの姿勢で寝ていると、気管が押しつぶされてしまうことがないので、睡眠中の咳やタンが減り、気持ちよく寝ることができます。
特に、睡眠時無呼吸症候群の人などにはおすすめできる寝相です。
眠りに入る時にうつぶせの姿勢をとっていても、眠ってしまえば体が無意識のうちに寝返りをうちますので、ずっとその姿勢をとり続けていられるわけではありません。
でも、少しずつ体に癖づけていくことはできるでしょうから、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加