寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

斜めになっている寝相

スポンサーリンク

寝ている間にからだごと逆になっていたり、布団から体が斜めにはみ出ていたり、シーツがはずれていてシーツを掛け布団代わりにして寝ていたり、ベットから下半身だけがしたに投げ出されていたり、人によって寝相の悪さはさまざまなタイプがあります。
寝相が、あまりにも悪い場合は、眠りが浅くなっているという場合があると言われています。
そして、自律神経が乱れているということも考えられます。
自律神経が乱れているということが考えられる原因は、ストレスや、不規則な生活、つね日頃の疲れ、季節の変わり目の急激な温度変化などが考えられます。
自律神経が乱れると、寝つきが悪くなるばかりか、寝ていても途中で目がさめてしまうなどの症状があります。

スポンサーリンク

眠りが、浅いと寝相が悪くなると言われていますが、そのような人にはホットミルクやカモミールティーが効果的と言われています。
そして、寝ている間に寝返りをうつのは良い事とも言われています。
寝返りをしながら体全体の緊張をゆるめて、骨盤のバランスを整えるという役割を果しています。
寝返りは、知らずのうちに神経細胞のバランスを整えて、筋肉の疲れをとり、体をほぐしてくれています。
最近見直されているのが、「うつ伏せで寝る」ということです。
介護のときにも行われていると言われている方法で、「肩凝り」「腰痛」の改善として効果があり、「呼吸困難防止」「咳の減少」にも良いと言われています。
仰向けは、血流が悪くなってしまうと最近分かってきています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加