寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相が意味する性格について

スポンサーリンク

寝ているときの人間は非常に無防備で、自らコントロールすることが難しい状態です。
それゆえに寝ているときの姿である寝相でその人の性格を意味します。
ここでは、5つの寝相を紹介し、それぞれの性格を紹介していきます。
まず一つ目は、王者スタイルです。
このスタイルは仰向けでのびのびとした姿勢で寝るタイプを言います。
このタイプの人の性格は王者のように自信家です。
しかし、自信家といっても鼻につく嫌なタイプではなく大らかな性格の人が多いため、好感をもたれやすいタイプになります。
二つ目は、うつ伏せスタイルです。
このスタイルは、王者スタイルの逆です。
うつ伏せに寝る人は仕切り屋の几帳面な性格を持っています。
宴会の奉行のようなタイプです。

スポンサーリンク

三つ目は、胎児スタイルです。
このスタイルは、横向きで胎児のように身体を丸める姿勢で寝るタイプを言います。
このタイプは、自分の殻に閉じこもりがちで依存心が強い人が多いです。
出会ってから打ち解け合うまでは時間がかかりますが、一度打ち解けると相手にべったりとなるタイプです。
四つ目は、半胎児スタイルです。
このスタイルは身体を丸めるよりは膝を少し曲げる程度のことを言います。
このタイプの人は、非常にバランスの取れた性格です。
多種多様な人間関係の中で安定した関係を構築できるタイプです。
五つ目は、鎖に繋がれた囚人スタイルです。
インパクトのある呼称ですが、このスタイルで寝る人は物事がうまく行かずに悩んでいます。
少し注意が必要な寝相といえます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加