寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相が悪いのはストレスが原因です

スポンサーリンク

寝相が悪いのストレスが大きな原因となっています。
その理由は、浅い眠りであるレム睡眠が大きく身体を支配してしまっているからです。
人間は、睡眠を誰かに教わったわけではなく、自ら自然と行います。
それは息を吸うように、瞬きをするようにごく自然とできてしまいます。
これは、人間の本能であり、脳がその機能を必要としているからこそ実現できています。
脳はこの睡眠状態時に完全に寝ている訳ではありません。
その日に収集した情報を、記憶として残したり整理したりします。
そしてほとんどの情報は消して、脳の負担を和らげます。
このようにして見ると、脳はどんな機械でもコンピュータでも敵わないすさまじい仕組みを搭載していることがわかります。

スポンサーリンク

この、睡眠ですが実は大別すると2種類、細かく分けると14種類に分けることができます。
レム睡眠とノンレム睡眠の2種類です。
これがストレスなどで大きくスタイルが変わってきます。
レム睡眠時に寝相が発生するのですが、このレム睡眠時は非常に身体は敏感になっています。
外部からの音や反応ですぐに目が覚めるのがこの時です。
この状態では、昼間などに受けたストレスが原因で寝相が悪くなります。
浅い眠りの場合は、副交感神経が休み、交感神経が活性化されます。
その際にストレスを感じていると、普段よりも活発化が強くなり、激しい寝相や寝相が悪いような状態にになってしまうのです。
ストレスを溜めないで寝ることが解消方法となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加