寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相が悪い理由について

スポンサーリンク

寝相には4つの種類があります。
ひとつは仰向けで、最も一般的ですが血行が悪くなったり内臓を圧迫します。
次に多いのがうつ伏せで、最もよい寝相と言われています。
腰痛や肩こりを改善し、無呼吸症候群を予防する効果もあります。
横向き型は体の片方にだけ負担がかかるので、体のバランスを崩したり、寝ちがいを起こしやすくなります。
前かがみ型はあまりいませんが、子供に多いようです。
以上が一般的ですが、中には健康に大きく影響する物もありますので、寝つきが悪かったり、起きたときに体が痛い場合には、寝相を変えてみるのもいいかもしれません。
また、布団やベッド、枕、マットレスなどの寝具によっても大きく変わってくる場合もあります。

スポンサーリンク

寝相が悪い理由は、寝具以外にもあります。
まずは部屋の温度です。
夏の夜の暑苦しいときは寝相が悪くなる大きな原因です。
また、寝返りの回数も多くなります。
もう一つの理由は部屋の明るさです。
寝ているときも灯りをつけている人もいますが、体を休めるためにも出来るだけ部屋を暗くしたほうが良いでしょう。
寝相の悪さを改善するには、悪くなる原因を知り、それを治すことである程度は良くなります。
しかし、根本的な原因は熟睡できないことにあります。
寝る前に睡眠を妨げるような物、例えばカフェインを多く含むコーヒーなどの飲料を控えたり、物を食べたりすると、いい睡眠がとれません。
また、寝る前に考え事をすると、脳が刺激されていい睡眠がとれないので、リラックスすることも大切になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加