寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相の色々な向きの紹介

スポンサーリンク

寝相の向きというのは色々とあります。
メジャーなのが仰向け型というのになります。
誰しもがやっている寝相と言っても良い形でもあります。
一見良さそうな寝方でもありますが、腰にあたりが浮き気味なってしまうという欠点もありますし、仰向け状態を維持して寝られる方というのは少ないです。
これはしょうがない事でもあるのですが、寝る時は仰向けだとしても、寝ている内に横を向いたりしてしまいますので、知らぬうちに片方に力が加わってしまうという事があります。
次にうつぶぜの形というのもあります。
この寝相というのは、数ある形の中でも良い形と言えます。
腰が上に来ますので、その腰に負荷が掛かりにくいですので、腰痛持ちとかの人はこの寝方というのをおすすめします。

スポンサーリンク

無呼吸症候群に困っている方もうつぶせというのは効果があります。
うつぶせは、とても自然な体制でもありますので、体への負荷をバランスよくしながら寝る事ができます。
横向きの寝相というのもあります。
良くテレビとかを寝ながら見る際の姿勢みたいになりますが、この姿勢というのはあまり良くないです。
一方に圧力が加わる訳ですから、それだけ血流の流れとかが悪くなってしまいましす。
また、長時間片方に圧を加えてしまいますので、寝違いを起こしやすいというのもこの寝相の欠点でもあります。
基本的な形というのは、この3つぐらいですが、他にも様々な形というのがあります。
片方に力が加わってしまうという寝相は、非常に良くないですので、うつぶせや仰向けで寝るというのが好ましいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加