寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相を良くする方法について

スポンサーリンク

一人暮らしをしている人の場合、寝相が悪いかどうかはあまり気にならないでしょう。
布団を蹴飛ばしてしまって風邪でも引かない限りは、自分の寝相が問題だということすら気がつかないものです。
しかし、同じ部屋で隣りで寝ている人がいる場合、寝るときの姿勢の悪さは問題になります。
隣りで寝ている人まで起こしてしまうことがあるからです。
では、寝相を良くするどのような方法があるのでしょうか。
まずは、自分が寝ているときの姿勢が悪い理由を考える必要があります。
理由となり得るのは、睡眠の環境が整っていないことです。
固すぎる枕を使っていると、枕が首にあたる感触が心地よくないでしょう。
枕が低すぎると、首の角度がちょうど良くなりません。

スポンサーリンク

このように首のポジションがうまくいかないと、首の収まりがよい状態を探して寝ている最中もごそごそ動くことになります。
また掛け布団が多すぎて、暑すぎるのも考えものです。
寝る瞬間は寒いので、多めの掛け布団でちょうどよいかもしれませんが、寝ているうちに体温が上昇していきます。
その結果、布団の中が蒸してきます。
それで不快になり、気持ちよく眠れる状態を無意識に探し始め、寝ている間にも動きまわることになります。
また、豆電球をつけていないと眠れないという人もいますが、明りがついているとそれも睡眠を妨げる要素になってしまいます。
それで、寝相を良くする方法は、最初から気持ちよく眠れるように睡眠環境を整えることです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加