寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相を理解して整体で身体をほぐす

スポンサーリンク

起床後に肩や首が痛む場合は、寝相が関連している場合があります。
寝相には個人のクセがあるので、体勢を解明したり改善することによって、身体のコリや歪みを効率的に治すことができるのです。
人間は身体が緊張している部分を、無意識に寝る体勢によって緩めようとしています。
たとえば手足が疲労しているときは、腕を上げた状態になりやすい傾向があります。
胸や首筋に緊張がたまっている人は、横向きに丸まって眠ることが多くなります。
骨盤が歪んでいたり、筋肉が緊張していると、自然と寝相が悪くなってしまうのです。
熟睡できなかった場合は体調にも影響します。
なかなか寝相が治らず起床後の痛みが続く場合は、整体を受けるのも一つの方法です。

スポンサーリンク

理想的なのは、仰向けでリラックスした状態で朝を迎えることです。
まずいつも寝ているときの体勢を知ってから改善させることで、身体の調子を整えることが可能になります。
整体師には普段からコリを感じる部分を伝えるだけでなく、いつもどのような体勢で目が覚めているのかを伝えると良いでしょう。
自律神経の乱れも寝相の悪さに関係します。
整体でマッサージをしてもらうことでリラックスでき、血行促進にもなり身体の内側から寝相の改善が期待できます。
小さな子供の場合は、多少の寝返りの多さは身体を整えている証拠なので、無理に矯正をしなくても良いです。
しかし環境には注意が必要です。
温度や騒音、マットレスの硬さなどには配慮しなければなりません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加