寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

子どもの寝相は眠りの深さと関係があります

スポンサーリンク

大人でも一晩のうちに10回から20回は寝返りをうつと言われ、寝相が悪い事を気にする人もいます。
特に子どもは寝返りの回数が多く、180度回転していたり、布団からはみ出したりと、寝相が悪い事が多いのですが、これは心配要りません。
寝相が悪いと言うのは、眠りの深さとも関係があります。
寝相の悪さは脳が熟睡している証拠でもあります。
脳が熟睡していれば、体を動かす脳の運動野や小脳の働きも低下し、姿勢を制御できなくなる為に寝相が悪くなるのです。
子どもの成長にとって睡眠はとても重要な物で、昼間にあった出来事を睡眠中に復習し、脳に定着していくと言われています。
深い眠りが保てていれば、それだけ子どもの脳や体の発育の為にも良いというわけです。

スポンサーリンク

子どもが寝る時は、自由に寝返りがうてる環境を整えましょう。
広めの寝具でのびのびと寝られるようにしてあげたいものです。
布団の幅は子どもの身長位はあると良いです。
ベッドから落ちても怪我をしないように低いベッドにしたり、ベッドの下にマットを敷いておくのも一つの方法です。
またベッドをやめて畳の上に布団を敷いて寝るのも良いです。
寝返りをうちながら布団を脱いでしまうことがあるので、風邪をひかないように時々確認して布団をかけてあげましょう。
寝返りは体温を調節したり、血液循環を促したりしながら、体の歪みや筋肉の緊張も和らげるなど、大切な意味があります。
寝相の悪さは大人になるにつれ少しずつ改善されますので、あまり心配しなくて大丈夫です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加