寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

猫背の寝相で眠るクセがある場合について

スポンサーリンク

眠っている間の寝相は、人それぞれ皆違っています。
無意識のうちにとる姿勢ですから、誰もが自分にとって一番寝心地のよい姿勢をとっているのだろうとは思いますが、稀に自分に合わない寝具を使っているために、非常に不自然な寝相になってしまっている人もいるようです。
あまり望ましくない寝相で寝ていると、体の疲労を十分に回復させることができないだけでなく、体に不調が生じてしまう場合がありますので、気をつける必要があります。
人間の体にとって一番望ましい睡眠中の姿勢は、自然に直立した際の姿勢をそのまま横たえた形なのだそうです。
具体的に言うと、背骨がゆるやかにS字カーブを描き、手足は体から少し離れ、顎が少し上がって気道が十分に開いたような状態です。

スポンサーリンク

 そのような姿勢で眠ることが体には一番良いと言っても、最初から理想的な姿勢で眠ろうとすれば、かえって寝付けなくなってしまうだけです。
人間は熟睡すると自然とこのような姿勢をとるようになっていますので、まずは自分の好きな姿勢で眠りましょう。
大の字やうつぶせで寝る人が大勢いますが、横向きで猫背になって眠る人もたまにいます。
横向きで眠るといびきをかきにくいので、いびきが気になっている人にはおすすめできる寝相です。
しかし、猫背で体を縮こまらせて寝ると背骨の痛みの原因になってしまうことが多いので、あまりおすすめできません。
胸を圧迫して腹式呼吸を妨げてしまいますので、横向きで寝る場合には、あまり猫背にはならないように気をつけてください。
その点さえ気をつければ、妊婦さんなどにもおすすめできる寝相です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加