寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相と寝袋の関係について

スポンサーリンク

寝返りは誰でも一晩に20回ほどは打っているようです。
寝返りは同じ場所の血行が悪くならないためには必要な行為だと言われています。
またマットレスの固さが合わず、より良い位置を探し求めて寝返りを打つ場合もあるようです。
一方、寝返りという程度ではなく、寝相が悪いという人が存在します。
寝返りは右に打つと次は左に打ち、ベッドから落ちないようにうまく調整しているのですが、寝相の悪い人というのは、朝起きれば頭の位置と足の位置が逆であったり、時には、ベッドから落ちる場合もあるようです。
また和室の布団で眠っている場合などは、布団から出てしまいいつの間にか畳の上で眠っていたというようなこともあながち笑い話ではないのです。

スポンサーリンク

一人で暮らしているのならば多少の寝相の悪さも問題はありません。
ベッドから落ちたり、畳の上で眠ってしまったりして、腰を打ったり、風邪をひいたりする程度です。
もし、寝相の悪さを直したいのであれば、寝袋の使用をお勧めします。
山やキャンプで眠る場合は寝袋を利用しますが、山やキャンプ場で寝相の悪い人がいたなどとは聞いたことがありません。
寝袋で寝るとある程度体勢が固定されているので、必要以上の寝返りが打てないのかも知れません。
現在は、山用の寝袋ではなく、寝袋型の毛布というものも販売されています。
これらを利用して普段から眠るのも一つの方法かもしれません。
寝相の悪さに悩んでいる方は一度利用してはいかがでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加