寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相と歯並びの関係とは

スポンサーリンク

人によって寝る時の姿勢は違いますが、寝相が歯並びに影響すると分かればほとんどの人は姿勢を気にすると思います。
うつ伏せ寝や横向きの姿勢で寝ると、顔の骨格に圧力がかかってしまうため、一定の方向に骨が固まってしまう原因となってしまいます。
歯並びの乱れは食生活と寝相、噛み方などの悪い癖が影響していますので、自覚がある人は寝る時の姿勢から見直していくことが必要だと言えます。
うつ伏せ寝や横向きの姿勢が歯並びに影響を及ぼす理由は、偏った圧力によって成長が阻害されてしまうことが原因です。
極端な場合顔に歪みが出てしまうこともありますので、寝る姿勢は非常に重要な部分となってくるのです。
基本は仰向けになりますが、そればかりではないこともありますので、気になる人は歯科医師に相談することも必要です。

スポンサーリンク

歯や骨に寝相が影響していることは、歯科医など専門家の間では常識となっていますが、一般にはあまり知られていないものの一つです。
一般的には食生活によって影響を受けやすいと言われていますが、悪い癖によって影響を受ける場合があります。
悪い癖とは、片方だけで噛んでしまうことや歯ぎしりも理由の一つだと言えます。
特に寝ている間の歯ぎしりは、歯並びだけではなく歯周病の原因にもなりますし、歯に対しては非常に強い影響を持っていると言えます。
うつ伏せ寝や横向きで寝る人が急に仰向け寝にすると、口を空いてしまうことがあります。
口呼吸によって口腔内には悪影響が起こりますので、歯並びのことも大切ですが歯科医に相談して最適な方法を考えることが大切なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加