寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

うつ伏せで片足を曲げている寝相

スポンサーリンク

体に負担のない正しい寝方で寝るのが一番良いですが、あおむけで寝るとなかなか寝付けないという場合もあります。
寝相によって、体のどこがサインを出しているのかがわかります。
横向きやうつ伏せの方が寝やすいのであれば、それも仕方ありませんが、根本的な部分を治して、正しい寝姿で安眠できるようにしたいですね。
就寝姿勢の基本は仰向けです。
しかし何らかの理由で、仰向けでは寝つけない場合があります。
一日のうちでも歩いたり座ったりエクササイズする中で、一番多い姿勢はなんだと思いますか。
実は睡眠時に横になってる時間が一番長いのです。
ですから、寝姿というのは体の姿勢の中でもとても重要な意味があります。
そして、自分が楽だと感じてる寝姿には体の不具合を表している場合があります。

スポンサーリンク

顔を横に向けて、うつ伏せになって片足の膝が曲がっている状態の寝相の方がいます。
その寝姿はまるでランナーです。
この寝方が楽で安眠できるという方は、背骨の付け根部分の仙骨が出ていて、あおむけに寝ると仙骨が当たって落ち着かないためにこういった寝相になります。
うつ伏せで片足を曲げて寝るほうが安眠で来るのでしょう。
立ち仕事や歩きすぎなどで、おしりの筋肉である梨状筋が緊張していて、腰痛があるのかもshりえません。
寝相を治す方法は不具合のある部分をゆっくり戻していけばよいでしょう。
太ももやお尻をほぐし、ストレッチなどをして体のコリをほぐしていきます。
自分でやってみてもなかなかうまくいかないと思ったら、マッサージや整骨院などでほぐしてもらうとよいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加