寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

えびぞりなどの体勢の大人の悪い寝相の原因と対策

スポンサーリンク

大人の人でも寝相が悪くて困っているという方はいると思います。
たとえば、寝ている間に知らず知らずのうちにえびぞりのような格好で寝てしまい、腰を痛めてしまったというような経験をしたことのある人も、中にはいることと思います。
このような寝相が悪くなる原因としては、人間という生き物は本来、眠っているときでも体を自然に動かす習性があることによるものです。
人間が寝ているときに寝返りなどをして動き回る理由は、ずっと同じ体勢で寝ていることによる筋肉の緊張をほぐすためなどの理由によるものです。
ですから健康な人間ならば、寝ているときに動きまわるというのはごく自然な行為といえますから、あまり程度の激しくない寝相の悪さなら気にする必要はないでしょう。

スポンサーリンク

 それ以外で大人の寝相が悪くなる理由として考えられるのは、寝ているときに寒さや暑さを感じるということからくる無意識の動きがあげられます。
これは、たとえば夏場などで涼しい格好で寝ている場合や、クーラーなどを効かせすぎている場合などで、寝ているあいだでも体が寒さを感じて、自然に体を動かしまわるといったような場合です。
それとは反対に冬場に厚着をしたうえで、何枚も毛布などを重ねて眠る場合や、暖房をつけたまま眠るといった場合も同様です。
この場合も体が暑すぎると感じると、自然と布団の中を動きまわって、自然と掛け布団などをすべて払いのけるといったようになります。
結果、気がついたらえびぞりの姿勢で寝ていたということになるのです。
このような場合は冷暖房を控えるなど寝る前の適切な温度調整が有効になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加