寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

手を組む寝相でわかること

スポンサーリンク

睡眠は、人が生きるうえで最重要の時間です。
睡眠が充足していないと、肌荒れや頭痛などに悩まされるだけでなく、身体の免疫力や思考力にも影響します。
寝ているあいだに知識が記憶されるといいますから、受験生やビジネスマン・ビジネスウーマンにとっては、満足できる睡眠を得られるかかどうかが、人生の方向を左右することになります。
良質な睡眠は、必ずしも時間の長さではありません。
就寝後3時間の「ノンレム睡眠」で脳が休まりますから、いかにその時間帯に深い眠りを得るかが大事です。
その鍵となるのが眠りに入るまでの時間で、この時間を短くすることがポイントとなります。
しかし眠りは個人の意思で繰ることは出来ません。
早く眠ろうと思えば思うほど、目が冴えて眠れらなくなるのが普通です。

スポンサーリンク

副交感神経に支配される眠りは、自由意志でコントロールすることが出来ません。
それはまた、睡眠の状態に、普段自覚していない体や心のトラブルが表れるということでもあります。
睡眠中のトラブルには、睡眠時無呼吸やいびきや歯軋りなど数多くのものがありますが、寝相もそのうちのひとつです。
例えば仰向けになって「手を組む」寝相の場合、一見普通の状態のように見えますが、実はかなり深刻な悩みを抱えている場合が多いのです。
不安を知られないようにして、余計にストレスが溜ってしまううようなケースです。
それは質の悪い眠りにつながります。
現代人は様々なストレスにさらされていますが、まずこの解消を心がけることが先決です。
寝相によって自分が抱える状態を自覚し、生活スタイルを見直すことで、心身の健康を維持したいものです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加