寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

手の位置がポイント、赤ちゃんの寝相アート

スポンサーリンク

赤ちゃんの寝相を生かした寝相アート、写真におさめて年賀状に加工しておくろうと考えている方も多いと思います。
そこで今の時期におすすめの寝相アートをご紹介します。
秋のイベントと言えばハロウィンです。
そこでハロウィンにぴったりの魔法使いのアートの作り方をご紹介します。
まず、赤ちゃんが寝る前に黒っぽいロンパースを着せます。
黒が映えるように背景はブルーにするのをおすすめします。
黒いタオルで帽子の形を作り、その上に赤ちゃんを寝かせます。
白い大きなお皿を赤ちゃんの頭上に置きます。
そしてタオルで家やビルなどを作ります。
夜の雰囲気を出すために黒いタオルがおすすめです。
そして、赤ちゃんが乗っているかのようにほうきを置きます。

スポンサーリンク

お家にほうきがない場合はタオルなどで作ってください。
ココからは赤ちゃんの手の位置がポイントです。
片手が挙がっていたら、キッチンのオタマやゴムベラなどを使って、魔法の杖を作ってください。
万歳していても可愛いです。
手が下向きになっていたらほうきを持つようにすると可愛いです。
ほうきの上に猫のぬいぐるみを置いて完成です。
赤ちゃんが横を向いてしまったら、起こさないように横向き仕様で作ってください。
オレンジのハンカチがあったらカボチャを作るよりハロウィンぽくなります。
寝相アートは赤ちゃんの睡眠を邪魔せず、ハッピーなテーマの物を作ってください。
また、起きそうになったら中止してください。
期間限定のアートなので様々なテーマのを作って楽しんでください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加